配達困難なエリアに新商品や話題の商品をドローンで配送 商品サンプリングお試しサイト『モラタメ』のドゥ・ハウスが実証実験

新商品や話題の商品を取扱う『モラタメ.net』を運営する株式会社ドゥ・ハウスは株式会社エアロネクスト協力のもと、2021年7月20日に小菅村で手に入りにくい発売から間もない入浴剤等の生活用品を配送したことを発表した。
なお、小菅村では7月21日に、吉野家のキッチンカー「オレンジドリーム号」で盛り付けたできたての「空飛ぶ牛丼」をエアロネクストのドローンで村民に提供している(関連記事「「空飛ぶ牛丼」ドローンで住民に提供 約15〜20分間隔、4ルートを計6回飛行 吉野家とエアロネクスト」)。


ドローンによるサンプリング実施の背景

山梨県にある小菅村は大手配送会社各社の配達限界エリアの一つであり、荷物の配達頻度や回数などに課題を抱えている。住民からも「(普段の買い物では)定番の商品しか買えず、困る事がある。」「最寄りのスーパーまでに時間がかかる。」など、新商品が欲しいと思った時にすぐに買いに行けない、という声があった。

アンケート結果

これを受け、新商品や話題の商品を取扱う『モラタメ.net』からドローンによる配送で小菅村としても初の試みとして新商品を配送することとなった。今後も『モラタメ』は生活者に、商品体験を通じて商品との出会いの場を提供し続けるとしている。


7月20日の当日は晴天、小菅村に住む小山さん一家へ商品を積んだドローンが飛行。着陸地点には『モラタメ』公式キャラクター「ポッケ」が待機し、小山さんに商品を手渡した。小山さんは小さい子どもの育児もし、普段の買い物では手に入らない・買いづらい商品も多かったという。欲しかった商品でいっぱいの箱を開け、「嬉しいです!」とコメントをした。


『モラタメ』公式キャラクター「ポッケ」と到着した商品の写真

商品手渡し時の様子

商品手渡し時の様子


山梨県小菅村について

山梨県小菅村は東京から約2時間、多摩川源流部に位置する人口693人(2021年6月1日現在)の美しい自然に囲まれた村。豊かな清流から得られる特産品を扱う「道の駅こすげ」、山間部へのIoT実装による林業発展のための実証実験など、地方創生に向けた数々の取り組みや新技術を積極的に推進し、地方創生の成功モデルとして全国から注目されている。

道の駅こすげ写真

小菅村中心部周辺


モラタメ.netについて

モラタメ.netは日本最大級のお試しサイト。2021年7月に登録会員が110万人を突破。新商品から定番商品まで、日々の生活を豊かにしてくれる商品を大手メーカーから地方の老舗メーカーまで、多岐にわたり掲載している。商品を試した後に投稿されるクチコミは、「お役立ち情報」として生活者に届けている。また、メーカーの商品担当者は、モラタメを通じて投稿された自社商品のクチコミを、商品開発や商品プロモーションなどに役立てている。

関連サイト
モラタメ.net

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム