NEC、米国AWSとグローバル5Gやデジタル・ガバメントなどの領域での協業を拡大へ

NECは、Amazon Web Services, Inc.(米国AWS)と、グローバル5Gやデジタル・ガバメントなどの領域での協業を拡大し、利用者のデジタルトランスフォーメーション(DX)加速を支援する取り組みを開始することを2021年9月8日に発表した。

同社は昨年11月、米国AWSと日本では初となるコーポレートレベルの戦略的協業契約を締結し、オファリングメニューの共同開発やデリバリー体制の強化を進めてきており、今回は【グローバル5G領域の連携】【デジタル・ガバメント領域の強化】【ハイブリッドクラウドを実現するオファリングメニューの提供】について携し取り組みを強化すると述べている。

なお同取り組みは、NECグループが開催するオンラインイベント「NEC Visionary Week 2021」(会期:9/13(月)~9/17(金))の、9/13(月)13:00~14:30のプログラムで紹介する予定だ。



具体的な取り組み内容

同協業を拡大するにあたり、以下の領域について携し取り組みを強化する。また、これらの取り組みを加速するため、同社グループはAWS認定資格保有者を、協業開始時点の目標達成(1,500名から3年間で倍増)に向けて、現在2,000名に増強。クラウドプロジェクトに関する国内最大規模のデリバリー体制を堅持しており、今後も拡充を図って利用者のDXの要望に確実に応えて行くと述べている。


グローバル5G領域の連携

同社は、クラウドネイティブな5Gソリューション(5Gモバイルコア、OSS/BSS、ローカル5Gなど)と、AWSのクラウドおよびエッジソリューションなどを組み合わせ、エンドツーエンドの様々なオファリングメニューを開発し、グローバルで提供することを目指す。これにより、通信事業者のクラウド導入や、企業ユーザーのDX加速に貢献すると同時に、5Gネットワークの効率的な展開や拡張、運用の自動化と経済性の大幅な向上なども実現する。


デジタル・ガバメント領域の強化

昨年より開始した戦略的協業関係やこれまでの政府および公共機関向けの実績を踏まえ、同社は今回、AWSクラウドを使用して要件を満たし、コストを削減し、イノベーションを促進するAWSの「政府機関コンピテンシーパートナー」に認定された。今後、両社の協業関係をさらに強化し、デジタル・ガバメントの加速に向けたオファリングメニューの開発と提供に注力していく予定だ。


ハイブリッドクラウドを実現するオファリングメニューの提供

AWSとの連携により、オンプレミスおよびクラウド環境をセキュアかつ高速・低遅延で接続するハイブリッドクラウドを実現するオファリングメニューを開発し、提供を目指す。これにより、ユーザーの既存のIT資産を活かしたモダナイゼーションを通じてDXの加速に貢献する。


両社のコメント

NEC 執行役員常務 吉崎 敏文氏

このたび、米国AWSとの戦略的協業の強化を発表できることを大変嬉しく思います。昨年、NECは日本国内で初めて米国AWSとコーポレートレベルの戦略的協業を開始し、政府向けの取り組みや企業のモダナイゼーション、NEC内の人材育成など、いずれも大きな進捗がありました。今回の発表はそれらの実績を踏まえ、NECとして戦略的に注力するグローバル5G、デジタル・ガバメント、ハイブリッドクラウドの領域において、米国AWSとの協業をさらに強化するものです。NECは今後も米国AWSのサポートのもと、政府や様々な企業のお客様のDX推進を支援してまいります。

Amazon Web Services, Inc. アライアンス・チャネル部門 ワールドワイド責任者 Doug Yeum氏

AWSは、NECとの深化した協力関係を嬉しく思います。また、同社のコミットメントとAWSを活用したソリューションを通じて、日本のお客様のデジタルトランスフォーメーションを加速する高品質なソリューションが提供されることを心から歓迎いたします。NECによる継続的なオファリングの拡大とデリバリー体制のさらなる強化が、お客様のトランスフォーメーションの最適な支援につながることを期待しています。




両社によるコーポレートレベルの戦略的協業契約について

NECはAWSプロフェッショナルサービスのサポートのもと、AWS導入に向けたオファリングメニューを開発・提供するとともに、AWS認定資格保有者を3年間で倍増することでデリバリー体制を強化し、官公庁や企業のお客様におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速を支援することを2020年11月13日に発表している。両社はこの協業により【官公庁・金融・医療機関など、業種特有のレギュレーションに対応したマネージドサービスの提供】【利用者のデジタルジャーニー(DXを実現するまでの過程を旅に見立てて変革への取り組み)をサポートするオファリングメニューの共同開発】【NECグループのAWS認定資格保有者倍増によるデリバリー体制を強化】を行い、世界で最も包括的なクラウド基盤を活用したDX実現の推進とデジタル化や事業拡大の貢献を後押ししている。

公式サイト内 NEWS ROOM(両社代表によるコメント動画あり):
https://jpn.nec.com/press/202109/20210908_01.html
「NEC Visionary Week 2021」についてhttps://event.nec.com/nvw2021

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム