スマホで遠隔地のロボットを操作し農業参加 遠隔農業ロボットサービス「RaraaS」H2LとPwC財団が共同開発

公益財団法人PwC財団(以下、PwC財団)とH2L株式会社はスマートフォンを操作して遠隔地のロボットを操作し、農業参加するシステム「RaraaS」(ララース、Remote Agricultural Robot as a Service,遠隔農業ロボットサービス)を共同開発したことを発表した。


RaraaSについて

RaraaSはユーザはスマートフォンの操作画面から農地に設置されたロボットを制御し、農業に参加できる。RaraaSでの体験を通して若者や外出が困難な障がい者の農業参画の促進、都市部の労働者が地方の労働に参画する社会構造の構築、障がい者の賃金向上が期待できる。


RaraaSは「農業従事者数の減少」、「都市一極集中型の社会構造」と「障がい者の社会参画機会の制限と低賃金」の3つの社会課題の解決を狙っている。今後、都市部のユーザの農作業への関心向上や障がい者の社会参画機会や賃金向上を目指す。




RaraaSの体験会「遠隔ロボットdeいちご摘み」を10月に実施

2021年07月から2021年12月の間、RaraaSの体験会「遠隔ロボットdeいちご摘み」を実施。2021年7月から9月までは開発関係者のみで体験会が実施され、2021年10月より一般のユーザにも体験会が公開される予定。15歳以上のZoom接続PCとiOSが利用できるユーザなら参加が可能(予約枠が埋まり次第応募は終了となる予定)。

体験会「遠隔ロボットdeいちご摘み」の所要時間は15分程度で、Zoomを通じてオンライン体験スタッフから操作方法を学び、RaraaSによる農作業体験をする。体験者には特典として体験写真や遠隔ロボットの操作レポートがプレゼントされる。


将来展開

今後、RaraaSではH2LのBodySharing技術を組み込み、細かな指の動きや力の入れ具合などの作業をロボットに伝達し、果実の重さまでユーザにフィードバックするシステムの実現を目指していく。




H2L,Inc. について

2012年7月設立。オーディオビジュアルに次ぐ新世代の感覚共有技術BodySharingの研究開発、事業開発を行っている。主な製品は米TIME誌「未来を変える50の発明 2011年」に選出された発明、PossessedHandと、触感型ゲームコントローラ UnlimitedHand、スマートフォンで気軽にジェスチャ付きVR体験ができるFirstVR。H2Lは筋肉の膨らみから手の動作を検出する技術と、多電極の電気刺激を腕に与えて触感を伝える技術に強みを持っている。これらの技術とアバター合成技術、遠隔操作ロボット等を組み合わせBodySharingを実現していく。2020年一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会より、「ポストコロナ社会を構築するベンチャー」に選出された。

関連サイト
H2L,Inc.
PwC財団

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム