配膳ロボット「Servi」を導入した高齢者住宅で職業体験 コロナ禍で交流が難しい高齢者と若者を繋ぐ場に

株式会社ジェイ・エス・ビーは最新の配膳ロボットをテスト導入しているサービス付き高齢者向け住宅「グランメゾン迎賓館京都嵐山」にて、同社のインターン生による職業体験を7月9日、14日、16日の計3日間に渡り実施したことを発表した。


コロナ禍で交流が難しくなった高齢者と若者を繋ぐ場に

これまで同社は運営する高齢者住宅への新たな付加価値の創造をはじめ、生産性とサービスの向上を目的に最新機器や新サービスの開発等の実証実験を行ってきた。同社が運営するサービス付き高齢者向け住宅「グランメゾン迎賓館京都嵐山」では、その一環としてソフトバンクロボティクス株式会社の配膳ロボット「Servi」をテスト導入している。これまで配膳・下膳業務をスタッフ2~3名で行っていたが、ロボットが調理場とテーブル間を往復し、スタッフ1名がロボットとテーブル間の配膳・下膳を行うことで、サービスの効率化と同時に入居者との触れ合い機会を増やせないか検証を進めてきた。

現状、ワクチン接種は進んでいるが、入居者の外部との交流機会は回復がまだまだ難しく、高齢者の外部との交流による認知症予防や精神的な支えを求める声も増えてきた。他方、学生は学校の授業もオンライン中心となり、アルバイトの機会も少なく、他者との交流も少なくなっている。このような背景をあわせ、インターン生に最先端の高齢者住宅事業およびフード事業の理解と若年層と高齢者間の交流を目的とした職業体験を同社インターン生より募集した。


最新ロボットを導入した高齢者住宅で3日間の職業体験

3日間に及んで開催された職業体験では、インターン生が「より効率的で質の高いサービス提供ができる運用方法を考える」という課題を持って臨んだ。配膳ロボットが高齢者施設に導入されたのは初ということから、参加したインターン生は、ロボットが働く高齢者住宅という目新しい現場に強い興味を持っていた様子だった。また、高齢者に配膳することで、はじめは緊張が見られたが、慣れてくると、耳が遠い人には、マスクで自分の声が聞こえにくいことを考慮し、食事をテーブルに置く際に入居者の顔を見てしっかり話すなど入居者に積極的に声掛けをするなどをしていた。



業務の終盤では「どうすれば作業を減らして効率よく動けるか」という課題に対して、「入居者さんが部屋を出る際に何かしらのボタンを押したら食堂スタッフにお知らせができ、事前にスタッフが食事やお茶を準備しておく」といった学生からのアイデアも出るようになったという。



今回の職業体験実施は学生に事業の理解を促すだけでなく、コロナ禍において交流を奪われた学生と外部との接触がしにくくなっている高齢者との交流と、将来を見据えたより良い高齢者施設の在り方を考える良い機会となったとしている。

【参加者のコメント】
■入居者様一人ひとりが豊かな暮らしができるように、きめ細やかなサービスを提供している点が魅力的に思いました。何よりご高齢の方が活き活きとされていたのが印象的でしたし、暮らしを支える仕事の楽しさを味わえました。

■インターンシップを通して、企業研究はもちろんのこと、AIを使った業務の効率化やそれに伴ったコミュニケーションの取り方の工夫、住民の方へ真摯に向き合い働いておられる姿を拝見、体感し、働くイメージをより具体的に持つことができました。

■滅多にない機会でしたので短い時間でしたが非常に良い刺激になり貴重な経験になったと思います。


配膳・運搬ロボット「Servi」(サービィ)

高性能のセンサーを装備し、スムーズかつ安全な移動を実現。前方死角なしで、人や物を滑らかに避け、料理などを安定的に運ぶ。狭い通路では60cm※幅まで通過することが可能。360°どこからでも料理などの運搬物を載せられ、重い食器や複数の料理なども一度に配膳する事が可能。




インターン生による職業体験 開催概要
日時 2021年7月9日(金)、14日(水)、16日(金)11:00~14:00
内容 配膳ロボット運用と配膳業務の体験(高齢者住宅事業の理解)
高齢者住宅の食事を試食体験(フード事業の理解)
開催場所 サービス付き高齢者向け住宅「グランメゾン迎賓館京都嵐山」
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺油掛町10-25
参加対象 大学3年の同社インターン生
参加人数 7/9…1名 7/14…2名 7/16…2名
※参加学生は事前および当日の検温、マスク着用および手指消毒の感染予防対策を行った上で、インターンを実施している。また、同取り組みは京都府に緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置が発出されていない期間に行ったもの。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム