すかいらーくグループがフロアサービスロボットを「ガスト」「しゃぶ葉」1000店舗以上に導入 次世代のテーブルサービスを提供

株式会社すかいらーくホールディングスは2022年4月までに「ガスト」や「しゃぶ葉」を中心に約1,000店の規模でフロアサービスロボットを導入することを発表した。

外食企業を取り巻く環境や求められるニーズは劇的に変化している。すかいらーくグループでは2017年1月にセルフレジの試験導入、2019年5月よりキャッシュレス決済の推進、2020年2月に客席にデジタルメニューブックを設置するなど、中長期にわたる成長を目指し、ITデジタルを活用した顧客満足度の向上や従業員の働きやすい環境整備に取り組んできた。

昨今は新型コロナウイルス感染症により、非接触のサービスを求める人も増えている。今回導入するフロアサービスロボットはそうした要望のある人にも支持され、客数増に寄与している。

※実験店お客様アンケート:「ガスト」「しゃぶ葉」7店舗で実施 n数=1670


【フロアサービスロボットのイメージ動画】

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム