タクシーアプリ「S.RIDE」で『進撃のタクシー』が呼べる!NHK総合TVアニメ『進撃の巨人』放映の記念コラボ 都内を走行

モビリティテックや動画マーケティング事業を展開する株式会社ニューステクノロジーとタクシーアプリ「S.RIDE」を提供するS.RIDE株式会社は、NHK総合でのTVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part2の放映を記念した年末年始の特別コラボレーション企画を決定。「S.RIDE」で呼べる『進撃のタクシー』が、2021年12月27日(月)~2022年1月9日(日)の期間限定で都内を走行することを発表した。


続編放送を記念し、年末年始に『進撃のタクシー』が登場

NHK総合でTVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2の放映が決定(2022年1月9日(日)24時5分)したことを記念し、年末年始の特別コラボレーション企画が決定。2021年12月27日(月)~2022年1月9日(日)の期間限定で、『進撃のタクシー』50台が都内を走行する。コラボレーションでは計5つの企画が用意されている。



企画1.タクシーアプリ「S.RIDE」で誰でも乗車可能

走行期間中はタクシーアプリ「S.RIDE」で『進撃のタクシー』の指定配車が可能。S.RIDEでの配車範囲は東京都23区内となる。

配車画面イメージ


企画2.空車時のタクシーの窓ガラスに『進撃の巨人』キャラクターが登場

車窓サイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」を活用し、空車時のタクシーの窓ガラスに「進撃の巨人」に登場する10種類の人気キャラクター(エレン・ミカサ・アルミン・リヴァイ・ジャン・ハンジ・ライナー・ジーク・ファルコ・ガビ)が登場する。タクシーアプリ「S.RIDE」で指定配車をした人は、迎車時から「進撃の巨人」の世界観を楽しむことができる(キャラクター指定は不可)。

車窓投影イメージ
「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」について
「東京の街をギャラリーに変える」をコンセプトに、都内を走行するタクシー車両の空車時間を活用して、タクシーの後方のサイドガラスに広告を映し出す国内初の車窓モビリテ
ィサイネージサービス。2021年5月31日よりJPN TAXI 100台で運用を開始。その後段階的に対象車両を増加し、S.RIDEの株主タクシー会社が保有するJPN TAXIを中心に搭載していく予定。将来的には従来の屋外広告の枠を超え、タクシーアプリ「S.RIDE」で取得した位置情報などのデータと連携し、ロケーションや時間帯に最適化した広告やその他情報を表示できるよう開発を進めていく方針。10月には2021年度グッドデザイン賞を受賞した。


企画3.車内で「20分で追いつける!アニメ 『進撃の巨人』」を放映

タクシー車内では、モビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」にて、限定コンテンツ「20 分で追いつける!アニメ 進撃の巨人 The Final Season」を放映する。同コンテンツはこれまで『進撃の巨人』を見たことがある人も楽しめる内容となっている。




車内サイネージイメージ


企画4.年始限定で「進撃のおみくじ」を車内で配布

2022年1月1日(土)~1月9日(日)『進撃のタクシー』限定で、車内にて「進撃のおみくじ」を配布する。おみくじでは2022年の運勢を占う10種類のキャラクターたちのセリフが記載されている。

「進撃のおみくじ」イメージ


企画5.抽選でサイン入りポスターとクーポンが当たる!SNSキャンペーンを実施

走行期間中に誰でも参加可能なSNSキャンペーンを実施する。Twitterでアニメ「進撃の巨人」公式アカウント@anime_shingekiをフォロー後、ハッシュタグ「#進撃のタクシー」をつけてツイートすると抽選で5名に「進撃の巨人」のメインキャラクターである「エレン・イェーガー」の声優を務めた梶裕貴さんのサイン入り番宣ポスターが当たる。さらに、「進撃のおみくじ」の写真を撮影し、「#進撃のタクシー」「#エスライド」をつけてツイートした方から抽選で、タクシーアプリ「S.RIDE」のクーポンをプレゼント。実施期間は2021年12月27日~2022年1月9日(日)。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム