SkyDrive社「空飛ぶクルマ」が関西電力のテレビCMに登場!阿部サダヲさん起用「ゼロカーボンな未来の暮らし」篇とタイアップ

「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」を開発する株式会社SkyDriveは「空飛ぶクルマ」の有人試験機「SD-03」が関西電力株式会社テレビCMに起用されたことを発表した。


「ゼロカーボンな未来の暮らし」篇とタイアップ

関西電力は俳優の阿部サダヲさんを起用した第2弾のCMとして、「ゼロカーボンな未来の暮らし」篇および「ゼロカーボン発電をめぐる旅」篇を2022年1月15日から放映する。テレビCMは阿部サダヲさんが演じるキャラクター「塩津 零」(しおつ れい)が未来からやってきた謎の少女に電気でますます便利になっている未来の暮らしを教えてもらったり、その少女と一緒にCO2を出さない発電所を旅したりするストーリー。未来を見据えたゼロカーボン発電の大切さを痛感する塩津零を通じて、関西電力グループが目指す「ゼロカーボンビジョン2050」の実現に向けたメッセージを伝えている。


SkyDriveが開発する「空飛ぶクルマ」はバッテリー(電動)を燃料としていることからテレビCMの「ゼロカーボンな未来の暮らし」篇の中で「空飛ぶクルマ」が起用された。なお、テレビCMは2022年1月15日(土)関西電力のテレビ提供番組を中心に、近畿2府4県および福井県(地上波)で放映予定。

■関西電力CM 「ゼロカーボンな未来の暮らし」篇 (阿部サダヲ氏出演)

<参考:主なテレビ提供番組について>
・LIFE~夢のカタチ~ 朝日放送テレビ (土)11時00分~11時30分
・住人十色 毎日放送(土)17時00分~17時30分
・フットマップ 関西テレビ放送(土)18時30分~19時00分
・グッと!地球便 讀賣テレビ放送(日)10時25分~10時55分
・発見!!❝食❞遺産 テレビ大阪(日)11時30分~11時55分


空飛ぶクルマとは

明確な定義はないが、「電動」「自動(操縦)」「垂直離着陸」が一つのイメージ。諸外国ではeVTOL(Electric Vertical Take-Off and Landing aircraft)やUAM(UrbanAir Mobilty)とも呼ばれ、新たなモビリティとして世界各国で機体開発の取組が行われている。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでおり、日本においても2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待されている。日本では2023年頃の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップ(経済産業省・国土交通省)が制定されている。

関連サイト
株式会社SkyDrive

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム