SkyDriveがCESで「空飛ぶクルマ」のフルスケール機を海外初展示 来場者の反応は? 2025年に大阪でエアタクシー事業開始めざす

「空飛ぶクルマ」と「物流ドローン」を開発する株式会社SkyDriveは、2022年1月5日~7日まで米国ラスベガスにて開催されている「CES 2022」に出展し、「空飛ぶクルマ」の有人試験機「SD-03」のフルスケール展示機を海外で初公開した。

©SkyDrive

「空飛ぶクルマ」の有人試験機「SD-03」は2020年に日本初、公開有人飛行試験を成功させたモデル。同社は2025年にエアタクシーとして大阪で事業開始を予定していて、CES 2022に展示することで今後の海外展開も見据えた海外でのニーズの把握を行う考え。


コロナ禍、オミクロン株の猛威により、当初の見込みより全体の来場者数は少なくなってしまっているものの、同社ブースには多くの来場者が訪れ、「空飛ぶクルマ」の有人試験機「SD-03」をへの関心の強さを実感しているようだ。
厳重な感染対策を実施した上で密集を回避するブース運営を行なっているが、試乗希望者は絶えず列を作っているという。
来場者からは「こんなに開発が進んでいた事を初めて知った」「自国でこれに乗れるのはいつ頃か」「デザインがカッコいい」等のコメントがあったという。


2025年にエアタクシーとして大阪で事業開始予定

2020年に日本初、公開有人飛行試験を成功させた「SD-03」のフルスケール展示機を展示。「SD-03」は、2025年にエアタクシーとして大阪ベイエリアでの事業開始を予定している「SD-05」の試験機となる。「SD-03」で取得した数々のデータと知見が商用機となる「SD-05」の開発にフィードバックされる予定。

1月3日には公式メディアイベントがMandalay Bayで開催され、「SD-03」の1/7モデルを展示。

©SkyDrive

©SkyDrive

©SkyDrive

1月5日~7日はJ-Startup Pavilionにて「SD-03」フルスケール展示機を配置、シートに乗れる体験コーナーを設けている。

©SkyDrive

試乗ごとにアルコール除菌を実施 ©SkyDrive

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム