ソニー 最新のSUV型「VISION-S 02」を公開、5G遠隔運転の新動画も披露 EV市場参入に向けた新会社をCES 2022で発表

ソニーグループ株式会社(ソニー)はCES 2020にて、モビリティ進化への貢献を目指した取り組みである「VISION-S」を発表し、ブースにて最新のSUV試作車「VISION-S 02」を展示したことを発表した。また、「VISION-S」に関する最新の動画も複数公開。最新SUV「VISION-S 02」の動画のほか、東京とドイツを繋いで5Gで遠隔操作する様子、インテリア映像などが披露されている(この記事で掲載)。

ソニーの最新型EVの試作車「VISION-S 02」

最新型EVの試作車「VISION-S 02」(左)と「VISION-S」(01)


SUVタイプの試作車両「VISION-S 02」を発表・展示

「VISION-S」はモビリティ進化への貢献を目指した取り組み。2020年12月に欧州にて公道走行テストを開始し、車内外に搭載されたイメージング・センシング技術やヒューマンマシンインタフェース(HMI)システム等の安全性やユーザーエクスペリエンスの検証を開始。2021年4月より5G走行試験を開始させるなど、ソニーの最先端技術を継続的に投入し、EV化が進むモビリティ環境における新たなモビリティ体験の提供に向けて活動している。


CES 2022では新たなフォームファクターとしてSUVタイプの試作車両「VISION-S 02」を発表・展示した。

■最新 VISION-S | Product Movie (VISION-S 01, VISION-S 02)

「VISION-S 02」は公道走行試験等を展開しているプロトタイプ「VISION-S 01」と共通のEV/クラウドプラットフォームを採用しながら、広い車室空間によって7人乗車を実現。


広い室内空間を用いたエンタテインメント体験や7人乗車のバリエーションなどを通して、VISION-S 01とともに、価値観が多様化する社会での様々なライフスタイルへの対応を推進していく、としている。



「VISION-S 02」のインテリア (参考)

■最新 VISION-S 02 | Concept Movie


テレマティクスシステムと遠隔運転

また、ソニーグループとVodafone Germanyは、5G環境下での新たな移動体験の可能性を追求するとして、「VISION-S」によるリモート運転試験をドイツのアルデンホーフェンにあるテストコースで実施した。東京とドイツをつないだ今回の運転試験では、ドイツにある「VISION-S 01」に搭載されたテレマティクスシステムを用いて映像・制御信号を低遅延で遠隔地へ伝送し、東京からのスムーズな車両操作を実証。その動画を公開している。

■最新 5G Remote Driving Test Connecting Tokyo and Germany

■最新 VISION-S | UX Design


「VISION-S」重点領域に対しての取り組み状況

Safety:安心安全なモビリティ
高感度、高精細、広ダイナミックレンジのCMOSイメージセンサーや立体空間を3Dで正確に把握するLiDAR(ライダー)などの周囲360度に張り巡らされたセンサーにより、周辺環境の認識・把握をリアルタイムに行い、安全運転を支援する。また、緊急車両の走行などの周辺環境の状況を車内でも的確に判断できるように車内の音響システムや、HMIシステムと連携した直感的なドライバーインタラクションを提供する。

すべての人々に安心・安全を提供することを目的にソニーのセンサー技術と通信技術を用い、より安全により快適なモビリティを実現するため、ADAS(運転支援機能)Level 2+の公道リリースに向けた機能検証を欧州で行っている。

Adaptability:人に近づき、共に成長する
ToF方式距離画像センサーを用いて、ドライバー認証やパッセンジャーを見守るためのモニタリング機能、直感的なクルマのインターフェースへの進化を目指したジェスチャーコマンドや音声コマンド、ユーザーの好みに合わせて新たに車両のディスプレイテーマや加減速音を設定できる機能を提供する。また、低遅延、大容量、高速の特長を持つ5G通信を含めたモバイル通信を用いて、車両とクラウドシステムを連携させることで、車両設定やキー施錠、ユーザーの設定が同期されるほか、アップデートがOTA(Over the air)で車両へ反映されていくため、セキュリティ面、サービス機能や付加価値提供については継続的に進化させていくことが可能。

これらの技術はこれまでスマートフォンの開発を通じて培ってきた通信技術や通信セキュリティ等の社内技術や知見を活かしたリモート運転を自動運転時代の到来を見据えた重要技術と位置付けている。この実現に向けて、日独を5Gでつないだ運転実験を実施し、VISION-S 01に搭載されたテレマティクスシステムを用いての低遅延伝送(映像・制御信号)や通信制御(監視・予測)等の技術向上にパートナーと連携し取り組んでいる。

Entertainment:モビリティエンタテインメント空間の深化
立体的な音場を実現するシートスピーカーと「360 Reality Audio」に対応したストリーミングサービスにより、好みのアーティストの生演奏に囲まれているような没入感のある音楽体験を提供する。VISION-Sには車室内の前方パノラミックスクリーン及びリアシートの各席のディスプレイで臨場感のある映像視聴体験の提供を目的として、映像配信サービス「BRAVIA CORE for VISION-S」を搭載している。そして、さらなるエンタテインメント体験の探索に向けて、自宅のPlayStationにリモート接続してのゲーム体験に加え、新たにクラウド経由でストリーミングすることで、多彩なゲームを楽しむことができる。

■最新 VISION-S | UX Design


2022年春に「ソニーモビリティ株式会社」を設立

ソニーはこれらのモビリティ体験の進化や提案を今後さらに加速させるため、2022年春に事業会社「ソニーモビリティ株式会社」を設立し、EVの市場投入を本格的に検討していく。新会社はAI・ロボティクス技術を最大限に活用し、誰もが日常的にロボットと共生する世界を実現し、人を感動で満たし、社会へ貢献することを目指す。エンタテインメントロボットの aibo、ドローンのAirpeak、さらにモビリティの進化へと貢献するVISION-Sを加え、様々な領域において新たな価値創造を行っていく。



■最新 CES 2022でのソニーグループ プレスカンファレンス (後半に「VISION-S」登場)

■「VISION-S」Public Road Testing in Europe (2021年)

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム