「WoT井戸端会議&Pepper飲み会」参加レポート

2015/06/06、「WoT井戸端会議&Pepper飲み会」が開催ということで行ってきました。

曙橋のレンタルスペース SMILE BOX で行われました。

3階の会場まで階段で登っていきます。

途中、Pepperが励ましてくれます。

会場に入ってみると、みんなからの差し入れのお菓子がいっぱい。疲れても糖分補給バッチリです。

このいちご大福は、一番最初に世に出た元祖のいちご大福だそうです。赤い方はこの時期だけの期間限定いちご大福。

まずは参加メンバーの自己紹介からスタート。すでにPepperアプリをバリバリ開発されている方から大学院生の方まで、色々な方が参加しました。

Pepperに関する○○情報の共有サービスのアイデアや、Pepperを医療関係に活用するアイデアなどの発表と、参加者からの改善アイデアについて情報交換されました。

今回用意されたPepperが、目を隠すと「何も見えません」と言いながらあたふたするというレアものでした。参加者の半分以上が自分でPepperを持っているにも関わらず「これは見たことない」とびっくり。Pepper実機のOSのバージョンによってはこの機能が入っているそうです。

代わる代わるPepperの目を隠して、その反応を楽しみました。

その後、Pepperコミュニティがこうなって欲しいという要望を、皆で意見を言い合い、そこから発展して「Pepperで学ぶPython」というイベントを行おう!ということに。

以下、Facebookイベントページで参加者募集中です。pythonが書けなくて悔しい思いをしているPepper開発者の方は、是非ご参加を

Pepperで学ぶPython

今回ご参加されたやましんさんによる「マルチチャージアタッシュケース」製作裏話も披露いただきました。

大量の電子機器を一気に充電できるアタッシュケースなのですが、既成のジェラルミンのアタッシュケースを改造したため、夜な夜な穴を開けていると近所から「夜になると鉄工所みたいな音がしません?」という声が出てきたそうで。欲しいものはつくってしまおうというDIY精神が感じられました。

Pepper開発者でもほとんど知られていない「部長体操動画」をみんなで見てみたり。

弊社サービス「ロボットライブラリー」の紹介もさせていただきました。

すでにPepperを開発されている方から、色々と質問やご要望をいただきました。そのご要望はできる限りサービスに反映させていきます。

ということで、井戸端会議というイベント名そのまんまな、全編まったりとしたイベントで楽しかったです。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム