ガンダムGLOBAL CHALLENGEのことを考えながらガンプラを作るの巻

お疲れ様です。東京生まれガンプラ育ちの中橋です。今日は話題のガンダムグローバルチャレンジの話です。



ガンダムGLOBAL CHALLENGE

ggc

今、ガンダムグローバルチャレンジというとてつもないプロジェクトが動いています。

どんなプロジェクトかと言うと・・・(以下公式サイトより一部抜粋)

究極の夢として、実物大ガンダムを動かす事に挑戦。世界中からアイデアを募集します。

2009年に登場した18mの実物大ガンダム立像。大地を踏みしめるその姿は、数多くの人々の心を捉え夢の可能性を表現しました。
そしていま、ガンダム40周年となる2019年に向けてガンダムが、日本を、そして世界を動かします。

『夢に挑戦、ガンダムが動く、世界が動く』

世界から叡智を集め、究極の夢に挑戦!18mの実物大ガンダムを、動かすことを目指します。
壮大なる夢の実現のためにプロジェクトチームを結成し、世界中から幅広くアイデアやプランを募集しながら日本が軸となってグローバルなプロジェクトを推進していきます。
最先端の技術と世界の叡智、分野や国境を越えた人々の強く、熱い思いが「ガンダムを動かす」のです。
未だかつてない、史上最高のエンターテインメントをガンダムが実現します。

すごくないですか?あのガンダムの実物大の立像だけでもびっくりしたのに、あれから10年後には動かすと言うんですから!

逆に50周年、60周年と月日を重ねるといつか本物のガンダムができちゃうんじゃないか、そんな気さえしてきます。

ggc

現在の進捗としては、第一次選考発表会が開催済み、追加アイディア募集・オープンイノベーションというステータスです。
なんにせよ、2019年には何らかの動く実物大ガンダムが完成する予定となっています。

ggc

発表されたアイディアは公開されていますがその提案書のレベルの高さに驚きます。



ガンプラ、ゲット!

そんなすごいプロジェクトですが、とある筋の方から紹介いただき、ロボットスタートがこのプロジェクトの関係者とお会いする機会をいただきました!やった!

ミーティング当日、ファーストガンダムについてはそれなり理解してるんで「ガンダムを動かすなら・・・あれだよね」みたいなお話をさせていただいたのでした。

そんなミーティングの翌日、お礼にと最新ガンプラが会社に届きましたー!

わーい!ってことで、ありがたく作らせていただくことに。



僕のガンダムチャレンジ。

01

HGグレードの最新モデルです。早速組み立て開始!

02

ニッパー、ナイフ、ヤスリなどを用意します。

03

塗装しなくても見た目良く仕上げられるのがさすがガンプラです。

04

数カ月前に「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」で購入したメガサイズモデル 1/48 RX-78-2 ガンダムに比べると部品が小さくちょっと神経を使います。

05

一部、シールを使う場所もあります。

06

説明書通りに組み上げれば完成に近づきます。

07

上半身は完成です。

08

続いて足の組み立てを進めていきます。

09

パーツがそれぞれ完成したので、体にとりつけていけば、本体は完成です。最期に武器や防具を作ってセットしていきます。

10

はい、完成です!これが実物大で動いたら本当に胸熱ですよねぇ。

ということで、またこのプロジェクトに動きがあれば、報告します!

では、また。

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム