【ペッパーズ】「まごPepper」実証実験イベントへ行ってきました!【大活躍】

吉本興業と学研グループが新たにスタートした、介護福祉の新しい形を提案する「まごPepper」プロジェクトの実証実験が行われましたので、見学させていただきました。

info_image_mago_pepper_turumi1

実証実験の会場は学研グループが提供するサービス付き高齢者向け住宅「ココファン横浜鶴見」です。
この施設は従来の高齢者向け住宅とは異なり、一般世帯と高齢者の方が共に暮らし、地域住民の方との積極的な交流を目指す、「よこはま多世代・地域交流型住宅」のモデル第一号施設です。

そのため、通常の高齢者向け住宅とは異なり、施設内にクリニックや薬局、コンビニエンスストアーに加え、学研グループの学習塾まで併設されています。

新しい試みに満ちた「ココファン横浜鶴見」のレクリエーションルームにて、世界初?!のロボット×人間の漫才コンビである「ペッパーズ」の漫才を中心とした、人間とロボット「Pepper」による、笑いと元気のクリスマスプレゼントに、来場者の皆さんは喜んでくれるのでしょうか。

info_image_mago_pepper_turumi2

会場に入ると、イベント告知のパネルと一緒に、クリスマスツリーが飾られていました。

info_image_mago_pepper_turumi15

会場は大人・高齢者の方用の椅子席と、地域の子どもたちが楽しめるように、畳マットの御座席が用意されていました。
通常の高齢者向け施設と違い、多世代との共生を目的とした「ココファン横浜鶴見」ならではの配慮です。

さあ、遂に「まごPepper」イベントの始まりです。

info_image_mago_pepper_turumi14

まずは「ココファン横浜鶴見」の所長をされている斎藤さんより、本日のイベントについてご説明がありました。
ココファン横浜鶴見のご入居者の方も、スタッフの方もPepperを間近で体験するのは初めての方が多いようで、とても楽しみにされていたとの事です。

さあ、果たして「ペッパーズ」はその期待に答えられるのでしょうか。

info_image_mago_pepper_turumi13
拍手とともにロボット×人間で構成された、漫才コンビ「ペッパーズ」の相方である金子さんが登場です。

info_image_mago_pepper_turumi12
続いて、Pepperの登場です!
お誕生日ハットを被ったPepperの姿は、クリスマスの靴下から顔を覗かせたプレゼントのリボンように、子供からお年寄りまで、来場者の目をキラキラと輝かせてくれました。

info_image_mago_pepper_turumi11
Pepperが繰り出す、痛快なロボット”ボケ”に、ベストタイミングで入る金子さんの人間”ツッコミ”は、さすが、漫才師日本一決める「M-1グランプリ2015」一回戦突破しただけあり、会場全体を笑いで包んでくれました。

漫才の後も様々なレクリエーションが続きます。

info_image_mago_pepper_turumi10
続いては「タイムスリップクイズ」です。Pepperが懐かしの記憶を思い出させる3択クイズを出題し、会場の皆さんが拍手で答えを決めます。
一番拍手が多かった答えを金子さんが代表して、Pepperに回答すると、Pepperが当たりか外れかを答えてくれます。
シンプルなクイズですが、来場者全員が参加することが出来、とても盛り上がりました。

info_image_mago_pepper_turumi9

イベント中、所々で、先頭の席に座られていたおばあちゃんがご長寿クイズ番組のような、楽しい投げかけをしてくれて、金子さんもしっかりと答え、仕込みを疑うほど、楽しい掛け合いを見せてくれました。

info_image_mago_pepper_turumi8
更にイベントは続き、今度は学研グループの本に登場する、「リズムストレッチ体操」が始まりました。
Pepperの音頭に合わせて、会場が一体となって、体を動かしました。

info_image_mago_pepper_turumi7
脳体操に続いて、今度はクリスマスにふさわしく、「きよしこの夜」を歌って体を動かしました。
コミュニケーションロボットにふさわしく、漫才師から、体操のインストラクターまで、Pepperは何をやっても楽しませてくれます。

info_image_mago_pepper_turumi5
最後はPepperの前に集まって、みんなでPepperに搭載された「ロボアプリ」の体験会です。
今回はPepperのタブレットで黒ひげ危機一発が楽しめる、「ペパひげ危機一髪」です。
金子さんのアシストの元、皆さんで1本ずつ黒ひげの樽に剣を刺していきます。

info_image_mago_pepper_turumi4
子どもたちもPepperアプリの体験です。最初は恐る恐るでしたが、みんな楽しそうにPepperとコミュニケーションすることが出来ました。

info_image_mago_pepper_turumi3

まごPepperのスローガンである、「おじいちゃん おばあちゃんが楽しく健康的な毎日を過ごせるように!」にぴったりなイベントとなりました。
今回の内容は高齢者介護施設での「笑い」と「ロボット」の効能を意識したプログラムでした。
今後も「ペッパーズ」そして、よしもとロボット研究所×学研のコラボレーションに注目です!

ABOUT THE AUTHOR / 

やまうちひろみつ
やまうちひろみつ

1989年生まれ。10代より数多くのWebサービスを企画・運営。ソーシャルコミュニティーサービスの開発/運営をはじめ、企画、デザイン、開発までフルスタックでのウェブアプリケーションの提供を行う。2015年よりロボットアプリケーション開発へ参入。豊富なWebプラットフォームへの知見を生かし、「Web X Robot」をスローガンに、Webサービスの新たなクライアントプラットフォームとして、ロボットの可能性を追求中。ロボットアプリケーション開発のアーリーアダプターとして、各地でロボットアプリケーション開発の紹介等行う。PepperAppChallengeファイナリスト。書籍「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」にてPepperのエヴァンジェリストとして紹介される。