ロボットスピーカー「BEAT BOT」作ってみた。

ボストン在住の娘から「MIT Museum Shop」で買ったというロボットのお土産をもらいましたのでご紹介。

01

「BEAT BOT」というロボットで、スピーカー内臓のロボットです。というかロボット型のスピーカーといった方が適切かも。



キットの中身

02

自分で組み立てるスタイルなので、箱から中身を取り出します。スピーカ部分と各パーツ、プラスティック製のネジが数本入っています。あと簡単な説明書も。

03

さて。作業開始です。ロボットペーパークラフトと言った形ですが、パーツはすべて切断済み、折り目も入っていてとても楽です。

作る前に糊やセロハンテープなどは用意しました。



組み立て作業開始!

04

説明書を無視してボディから作り始めてみました。付属のネジもボディの外に出るようにドライバーで取り付けます。

05

各パーツを組み立てていきます。のりしろ部分もメッキ風の処理がしてあるので糊の乗りが悪い・・・。洒落ではなく。

なので糊付けをしつつも内側にテープで補強して作業を進めます。

06

各パーツが完成。あとはボディに取り付けていきます。ネジが出ているのでぐりぐり回して取り付けていくだけです。ここが糊付けではないのは強度的にとてもいい感じです。

07

最期に背面を閉じて完成です。



完成!

08

実際にMacにつなげてスピーカーとして使ってみました。するとMacBook Proの内蔵スピーカーよりは遥かに良い音がでました。使えるじゃん、このスピーカー!

ということで、また!

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。