AKAの「Musio」が国内の英語教室や個別指導塾でのパイロット導入へ

人工知能ロボットMusioを開発しているAKA LLC(代表:Raymond Jung、以下「AKA」)は、1月25日(月)、株式会社成基(代表取締役社長:佐々木喜一、本社:京都府京都市)並びに株式会社GLOBAL VISION(代表取締役社長:田中良一、本社:京都府京都市)との間で、「教育効果の実証実験並びに教材開発実施に関する協力覚書」(Memorandum of Understanding: MOU)を締結したことを発表した。

AKAが開発している人工知能ロボットMusioは、世界初となる正式販売を今年6月より日本で開始する予定。


d17199-3-912549-1
その正式販売を前に、今回のMOUを通じて株式会社成基並びに株式会社GLOBAL VISION両社の日本で長年蓄積された英語教育に関する知見やノウハウをもとに、Musioが日本の英語教育においてさらなる貢献ができるよう発展していくことを目指している。

具体的には、成基が運営する英語学童教室GKC(グローバルキッズ倶楽部)並びに個別指導塾ゴールフリーなどにおけるMusioのパイロット導入及び実証実験を通じて、Musioを活用したより効果的な学習方法を開発する。また、GLOBAL VISIONは、実証実験で得られた知見をもとにAKAと共に英語学習コンテンツを開発し、GLOBAL VISIONのネットワークを通してMusioを公的・私的教育的機関へ販売していく予定。

Musioは、人間のように見る、聞く、考える、感じる、話すという一連の機能が搭載されており、自ら考えてネイティブ英語でコミュニケーションすることが可能なため、いつでもネイティブ英語と触れる環境をつくることができ、ユーザーは自由に意思疎通のできる英語を学習することができる。現在、より効果的に楽しく英語学習ができるよう教材などのコンテンツやアプリの開発も進めている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム