日本テレビ技術展示会「デジテク 2016」に行ってきました。

日本テレビ主催の「デジテク 2016」に行ってきました。

日本テレビによるデジタル技術や新サービスの技術展示会です。2016年3月8日、9日に汐留日本テレビタワー2階の日テレホールで開催されました。





■201X年、ちょっと未来のリビング(参考展示)



今回見に行ったのは、参考展示の「201X年、ちょっと未来のリビング」。



テレビ番組の内容に連動して、リビングの家電やロボットがいろいろしてくれるというものです。

ロボットが一緒にテレビを見て盛り上がってくれたり、リモコンを操作してくれたりと未来のリビングイメージを見ることができます。

では、実際の様子を見てみましょう。

今回は「テレビを起点としたIot連携デモ」です。

見ているテレビ番組に応じて、ロボット・タブレット・照明・プロジェクタが連動します。

使用されているロボットは、embotRAPIROPepper。照明はHue。プロジェクタはLSPX-P1。タブレットにはNTTドコモの自然対話エンジンを使ったキャラクタが登場します。

テレビを一緒に楽しむロボットのデモでは、視聴中の番組に応じて一緒にリアクションしてくれたり、料理番組に連動して冷蔵庫の在庫やスーパーの安売り情報の案内をしてくれます。お出かけの際にはその日の天気に合わせたコーディネートをアドバイスしてくれます。



タブレット内には『スズヤマさん』というキャラクターが登場します。話しかけるとテレビやリビングの機器と連動をしてくれます。



今回は参考展示でしたが、こういう楽しそうなリビングが本当に普通になる時代がやってくるかもしれませんね。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム