【SoftBank World 2016 徹底レポート(13)】IBM Watsonハッカソン「SoftBank World Challenge」決勝進出3チーム決定

IBM Watsonハッカソンのチャンピオン大会「SoftBank World Challenge 2016」(IBM Watson 日本語版ピッチイベント)の予選が行われ、決勝進出する3チームは、弁護士ドットコム株式会社、株式会社インキュビット、ahacraft株式会社です。

三時間にわたって決勝進出する3チームを目指した結果で、決勝戦は当日(本日)の18時から。
いわゆるグランドチャンピオンが今夜決定します。

弁護士ドットコム株式会社
 弁護士がみんなの悩みを解決する公開型Q&Aサービス/Cognitive法律案件等

株式会社インキュビット
 Smart Video AD
 動画ファイルのシーンに応じて最適な広告バナーを表示するシステム

ahacraft株式会社
  メール本文から感情分析、ストレスの可視化、診断、管理者への通知等

_MG_5971-000

IBM Watsonで世の中は変わり続けるをテーマに開催されてきた、第一回〜第三回IBM Watsonハッカソンの決勝に進出した13チームが改めてトップを目指してアイディアと技術、プレゼンテーションを競いました。

予選のトップバッターは「りこなび」。
LINEのチャットボットとWatsonを繋いだバージョン2を開発して持ち込み、デモにのぞみました。
「この近くで時間を潰すのに最適な場所はどこか」という悩みに個人の趣味やツイッターの発言を含めて様々な情報からWatsonが最適なお店や施設を提案してくれるというものです。
このように、前回の決勝では残念ながら敗れたチームも、今回は更に機能を追加したバージョン等で望むことができます。
りこなびは決勝に進出できませんでしたが、今後の開発に期待したいと思います。



softbank-world-banner-big

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。