カシオが英会話レッスンパートナー「Lesson Pod(レッスンポッド)」を発表、発売日は2月24日

カシオ計算機は、リビング・バスルーム・キッチン・寝室など自宅の様々な場所で対話を行いながら学べるデジタル英会話学習機『Lesson Pod(レッスンポッド)』を2月24日より発売することを発表した。

カシオは、気軽にリスニング学習できるポケットサイズの「joy study(ジョイスタディ)」を2015年に発売。昨年には、使用シーンに応じて英会話の学習スタイルが選択可能なスライド式キーボード搭載の「EX-word RISE (エクスワードライズ)」を発売するなど、デジタル英会話学習機の開発に積極的に取り組んでおり、英会話を学びたい方々を支援してきた。

今回発表された『Lesson Pod』は、自宅内で”英語で話す”習慣を身につけることを目的に開発した、毎日話しかけたくなる親しみやすいデザインを採用した学習機。「IPX5/IPX7」の防水仕様を採用しているため、リビングや寝室だけでなく、バスルームやキッチンでも安心して学ぶことができる。「IPX5/IPX7」とは、あらゆる方向からの噴流水による有害な影響を受けず、水深1mの水槽に静かに沈め、水底に約30分間放置しても内部に浸水せず、本体機能を保つ仕様だ。

対話しながら学べる教材の収録をはじめ、毎日の対話が楽しくなる機能も備えている。

英会話の習得に役立つ内蔵コンテンツ

・基本フレーズを繰り返し発声してゆくことで瞬発的な発声力を鍛える「反復レッスン」
・口の形や舌の位置などについて日本語でアドバイスしてくれる「発音レッスン」
・英会話の実践に役立つ英語の基礎文法をしっかり学べる「文法レッスン」
・日常生活や海外旅行に役立つシンプルな表現を収録した「実用会話ライブラリー」
・和製英語の英語名称などの豆知識を英語で出題する「英語クイズ」
・日本人が苦手とする“light”と“right”などの聞き分け力を養う「発音聞き分けゲーム」

『Lesson Pod』は、コンテンツの追加にも対応している。発売記念キャンペーンとして2月24日(火)から5月31日(水)まで、追加コンテンツ「毎日ひとこと会話集 vol.1」を無料が無料で提供される。今後は、株式会社朝日出版社・株式会社アルク・株式会社旺文社・株式会社三修社・株式会社三省堂・株式会社大修館書店などと共に、コンテンツが提供されていく。

また、スマートフォン用アプリ「Lesson Pod+(レッスンポッド プラス)」が用意されており、学習進捗状況をアプリで確認しながら、スマートフォンをリモコンとして使用することも可能になる。

メーカー希望価格はオープンとなっているが、3万2,500円前後が予想されている。発売日は2月24日で、当初の月産台数は3,000台。英会話学習をしたい方にとっては、英会話教室に通うよりも安い価格で一人で学習ができるため、より学習がしやすくなっていくだろう。


casio-lesson-pod-02

Lesson Podには、上部に操作用のセンサーが、前面に接近感知用のセンサーが搭載されており、Wi-Fiでスマホアプリと連携することができる。電池の持続時間は、1日あたり10分程度のレッスンを3回繰り返すと4日間持つ程度だという。

本体サイズは、幅86mm × 奥行86mm ×高さ111mm、重さ約310gと小ぶりのサイズ。テキスト(発音レッスン・文法レッスン・実用会話ライブラリー)、 ACアダプター、充電台、USBケーブルが付属されている。

関連サイト
http://lessonpod.casio.jp/

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム