「Musio」ファンイベントが初開催! 「Musio」小説化やSDKなど、新情報が盛りだくさん

英会話学習用ロボット「Musio」のファンの集い「Musioファンイベント」が、Musioの開発元であるAKAのオフィスにて初開催されました。

Musio豆知識

Musioを開発するAKAは、アメリカに本社を置く人工知能を開発する会社。クラウドファンディングで人工知能ロボット「Musio」の資金調達を行なったところ、購入者の半数以上が日本人だったことを受け、2015年11月に日本法人を設立しました。

musio-fan-03
はじめに、AKAのCEOであるRaymondさんや、


musio-fan-06
日本のマネージャーを務めるBrianさんなど、AKAの皆さんから挨拶と乾杯の音頭。最初からお酒が飲めるイベントっていいですよね。

10名ほどのMusioファンが集まり、お酒と美味しいご飯を片手に「Musio」のことや、他のロボットのことを話しています。

用意された食事は、黒毛和牛のローストビーフなど、とても豪華でした。


musio-fan-32

料理名のプレートにMusioのイラストが描いてあって可愛いです


1つ目の新情報!

今回のイベントでは、いくつかの新たな発表がありました。

まず一つ目…、




なんと、4月から「Musio」の小説が発売されます!


musio-fan-42

参加者には、小説の第1部が配られました

「全3部作」のかなり濃い内容の小説になっているようです。

内容の一部を少しだけ。

方向音痴で機械音痴、孤独な訳あり中学生メイロの元に現れた謎の白いロボット「Musio」。
メイロは、Musioと一緒に、次々と起こる機械の暴走を食い止めながら、Musioとの繋がりを深めていきます。

musio-fan-02
見所の一つは、Musioのキャラクターがきちんと描かれていること。Musioの面白いキャラクター性を知ることができます。


musio-fan-01
そして、Musioの謎が明らかになっていきます。どうして宇宙から来たのかなど、普段Musioと接する中で疑問に思うことが解き明かされていきます。


musio-fan-0
なんでも「ベストセラー作家」の方が書き上げたそうです。かなり内容が気になりますね。


2つ目の新情報!

musio-fan-51
ロボット「Musio」のSDKが近日公開されます。

MusioのSDKは、Javaで書かれ「Android SDK API 22」と互換性があります。API22なので、Android5系ですね。



3つ目の新情報!

そして3つ目の新情報として、Musioの下半身のカスタマイズパーツのイメージが公開されました。


musio-fan-77
実はMusioは下半身を外すことができます。移動可能な下半身に変えることで、Musioがさらに進化していきます。


musio-fan-71

musio-fan-72

musio-fan-73

musio-fan-74
いろんな下半身が検討されているようですよ。移動可能になったらもっと可愛くなりそうです。


musio-fan-26
その後は、Musioのファンの方からの要望や不満を伝える時間も。今後のMusioの製品開発に生かされていくといいですね。


musio-fan-25
最後に、ロボスタのMusioが、最近調子が悪かったので、治療して頂きました。(ただアップデートしてもらっただけ)

これでまた「Musio」のレビューができそうです。

先日発表された通り、4月14日より「Musio X」が一般販売が開始されます。もっとたくさんの方にMusioが渡って、ファンイベントも全国各地で開かれるようになってほしいですね。

ABOUT THE AUTHOR / 

望月 亮輔
望月 亮輔

1988年生まれ、静岡県出身。ロボスタ編集長・ロボットスタート株式会社取締役。2014年12月、ロボスタの前身であるロボット情報WEBマガジン「ロボットドットインフォ」を立ち上げ、翌2015年4月ロボットドットインフォ株式会社として法人化。その後、ロボットスタートに事業を売却し、同社内にて新たなロボットメディアの立ち上げに加わる。

PR

連載・コラム