Google Homeを介したインテリジェントホームの新機能を提供、東急電鉄らが発表

東急電鉄、イッツコム、Connected Designの3社は、より豊かで便利な暮らしを実現するため、「暮らしのIoT」の普及・推進の取り組みを強化。「暮らしのIoT」の中核サービスである住宅向けIoTサービス「インテリジェントホーム」について、この度発売開始されるスマートスピーカー Google Homeと連携し、音声認識端末に対応させるほか、東急沿線以外のお客でもサービスを利用できるように、販路の拡大を行うとの発表を行なった。

イッツコムとConnected Design株式会社の2社で開発し、提供している「インテリジェントホーム」が、Google より発売されるスマートスピーカー Google Home とIFTTTを通じて使うことができるようになるという。インテリジェントホームとは IPカメラ、スマートロック、センサー、家電コントローラーなどのデバイス一式を、インターネット回線を経由し、専用アプリケーションを利用してスマートフォンやタブレットから遠隔でコントロールできるホーム・コントロールおよびホーム・モニタリング型サービスだ。

イッツコムのインテリジェントホームでは「Google Home」の魅力をお客に実感してもらえるよう、「Google Home」と、IoTデバイスの家電コントローラーと組み合わせた「スマートコントローラー」を10月6日より提供開始。さらに、楽天が運営する楽天ブックスと、大手家電量販店のビックカメラにて、Google Home と連携することができるインテリジェントホームのデバイスを組み合わせたパッケージ「インテリジェントホーム スターターキット」の販売を開始する。

インテリジェントホームは、これまでのスマートフォンにダウンロードした専用アプリやLINEアプリ上でのタッチ操作に加え、 Google Homeと連携することにより、音声操作が可能となる。また、すでにチャンネル登録をしているIFTTTを介して世界中550種類のアプリやIoTデバイスとの連携も可能になるという。

加えて、東急グループが「暮らしのIoT」を体験できるスペースとして、今年9月22日から翌年3月29日までの期間で東急百貨店東横店内にオープンした「IoTスマートライフステージ」において、10月6日よりGoogle Homeを設置。各種IoTデバイスの音声操作を体験できるようになると発表した。さらに、イッツコムのお客さま窓口「イッツコムスポット」各店でも、 Google Homeとインテリジェントホーム、さらに IFTTTを使った多彩な連携を、お客が体験できるようになるとのことだ。



Google Homeは、明日10月6日10時より、Google Store、au ショップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天から購入することができる。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム