【Amazon】Alexa Fundが新たに最大1億ドルを海外に投資へ

Alexaファンドによる投資がさらに加速するようだ。

2017年11月29日、Amazonが自社ブログにて、Alexaファンドを海外に向けて最大1億ドル、日本円で112億円を投資していくと発表した。






2015年に立ち上げられたAlexaファンドで、既に30社以上に出資しているという。

気になる投資方針だが、「開発する音声技術が人々の暮らしにどう貢献するかのみです。まだ収益基盤が確立されていない創業期の企業から老舗企業まで、規模に関係なくあらゆる企業を対象としています。」とのこと。

いずれ日本の企業も出資を受けることを期待したい。




関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。