「Amazon Echo Plus」開封の儀!初代Echoと似てるけど、どう違う?

国内発表済みのAmazon Echo Plusがなかなか入手できなかったため、US版のAmazon Echo Plusを待ちきれず入手した。まずは開封の儀をお伝えする。




Amazon Echo Plusとは?

初代「Echo」の筐体をベースに、最新機能を盛り込んだハイエンドモデルが「Echo Plus」である。その外見上の違いは後述する。

このモデルの最大の特徴は「スマートホーム・ハブ」を内蔵している点にある。この内蔵機能により「アレクサ、デバイスを探して」と話しかけるだけで、自動的に対象のデバイスを探し、互換性のある照明の設定を行なってくれるのだ。

Echo Plus以外のEchoシリーズはスマートホーム・ハブを内蔵していないため、例えばPhilips Hueブリッジなどのハブデバイスを別途購入する必要がある。

別デバイスの設置や配線を考える必要がなく、さらに価格面でもEcho Plusの方が安くスマートホームを始められるという点は魅力だろう。




Amazon Echo PlusとAmazon Echo 1stの違い

まずパッケージを並べてみた。





左が初代Echo、右がEcho Plus。デザインも若干違っているがパッケージサイズはほぼ同じだ。





開封すると本体、ACアダプタ、説明書と通常のEchoの内容物と同じである。





本体もこの角度から見るとEchoとEcho Plusはほぼ同じに見える。

なおEcho Plusは今回新登場したカラー「シルバー」だ。ピカピカの銀色というよりは半つや消しの落ち着いたカラーとなっている。





外見上EchoとEcho Plusの違いは後ろ側にある。ACアダプタのジャックの場所が変わり、さらにEcho Plusにはさらに3.5mmの外部オーディオ出力端子が新設されている。





また今回選んだのは「Echo Plus with built-in Hub – Silver + Philips Hue Bulb included」というフィリップスHueセットモデル。現在セットではなく単体のEcho Plusを選んでもHueセットを選んでも149.99ドルということでセットを迷わず選んだというわけだ。

ただし同梱されるのはカラフルに色が変えられるHueではなく、白色の実用的なタイプが1つだけだ。実際の利用では、複数のバルブを買い足したりニーズに応じてカラフルなバルブを追加する必要はあるだろう。





現在ロボスタ編集部にAmazon Echoデバイスが10台近く置かれているが、その中でもEcho Plusの外見はモノトーンでないシルバーというカラーリングで新鮮だと思う。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。