Amazonがライバル製品のApple TV・Chromecastの販売を再開へ、しかしGoogle Homeは販売せず

2017年12月14日、米CNETが、Amazon.comのApple TV・Google Chromecast販売再開を報じた。

GoogleがAmazonと再び対決、Amazon Echo ShowとAmazon Fire TVへYouTube配信をブロックへでもお伝えしたとおり、Amazonは競合製品の販売を停止する姿勢を見せていたのだが、方針が変わったのだろうか。



2年前にAmazonが、Amazon Prime Videoが見られないデバイスであり混乱を招くとして、Amazon Fire TV製品と競合するApple TVとGoogle Chromecastの販売を停止していた。その2つの競合製品が再びAmazonで販売されることになった。

以下実際Amazonのストアの状況を見てみる。




米国 Amazon.com


Apple製品



Apple TVはAmazon Prime Videoが閲覧できるようになったため、Amazonで販売されても不思議はない状態であった。

Google製品



Google ChromecastはApple TVと異なり、現状Amazon Prime Videoは閲覧できない。それでも販売再開となったのはEcho Show、Fire TVへのYouTube配信停止を回避するための妥協なのだろうか。


日本 Amazon.co.jp


Google製品



現在5,980円で購入可能となっている。なお、日本のAmazonではApple TVは見つからなかった。



Googleの広報担当者は、「お互いの顧客の利益になる合意に達するべく、Amazonとの建設的な議論を進めています。すぐにこれらの問題を解決する合意に達することができればと考えています。」と語っているという。ユーザーの不利益にならないように早めの決着を願うばかりだ。


スマートスピーカーはどうなる?



なお、現時点でAmazonはAmazon Echoの競合となるGoogle Home、Google Home Miniの販売をしていない。今後Amazonで他社スマートスピーカー(AIスピーカー)が購入できるようになるのか、ならないのか、引き続き注目していきたい。



関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム