サムスン、2018年前半にBixby搭載のスマートスピーカーを発売?

韓国サムスンが自社AI音声アシスタント「Bixby」搭載のスマートスピーカー(AIスピーカー)を準備中であるという噂は以前より続いているのだが、今回また新たにBloombergが発売時期やコンセプトの噂を報じた。


Image: Bloomberg

報道によれば2018年前半にAmazon EchoやGoogle Home、Apple HomePodのライバルとなるスマートスピーカーを市場に投下する予定だという。

サムスン製のスマートスピーカーは搭載されるアAI音声アシスタントがBixbyであること、そしてスマートホームデバイスの制御にフォーカスしているが特徴だという。

また、米国とその他市場向けに、200ドル前後で販売される予定という。スタンダードなAmazon Echoの価格は100ドル、音質重視のAppel HomePodの349ドルなので、200ドルという設定はスタンダードなモデルよりも音質重視であることが伺われる。

もちろん、この価格設定や製品投下スケジュールは流動的なものであると報じられている。


僕はこう思った:

また続報あり次第お伝えしていきます。



ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム