「Tapia」のMJIが3年連続CESへの出展を発表。Twitterアカウントも開設!

コミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」を製造している、株式会社MJIが2018年1月9日〜12日(現地時間)にアメリカ・ラスベガスで開催される家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」に3年連続で出展することを発表した。


MJIのコミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」

会場では、MJIのAI開発チームよる「VDL(Vison Deep Learning)」を応用するデモンストレーションを行うとのこと。

デモンストレーション内容
1)⾏動認識(Physical Action Detection)
⼦供同⼠のケンカを想定し、その⾏動を認識してタピアがアラートを出し、ケンカの仲裁をする。

2)⾚ちゃんの睡眠みまもり(Baby Safety Monitoring)
寝ている⾚ちゃんのポジションを認識して、うつぶせ寝の状態の際にアラートを出す。

3)ものさがし(Item Finding)
タピアが外部カメラと連動して家の中のアイテムを探す。

4)声認証システム(Voice authentication system)
タピアによる声認証システム。

5)プレゼンテーションシステム(Presentation system)
デジタルサイネージと連動してタピアがプレゼンデーションを⾏う。

昨年はタピアとジャンケンをするというデモンストレーションなどで物体認識についてアピールをしたが、今年は一歩進んだデモンストレーションが見られそうだ。


公式Twitterアカウントも開設


また、MJIは公式Twitterアカウント(@MJI_Robotics)も開設した。上述したCESの状況を始め、キャンペーン情報等もこのアカウントから提供するとのことだ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ぱっぺー☆あさひ
ぱっぺー☆あさひ

衛星放送、インターネットなど時代の先端の端っこにいて、今はロボット業界に身を置いています。 ロボットスタートでは広告営業をメインにしていますが、ロボティクススーツを着ることでロボット型人間『ぱっぺー』に。 近頃頑張っているアイドルを見ると泣いてしまう。HKT48、NGT48、=LOVEが気になっています。 長年の夢だったTBSラジオデビューを果たしました。 クリスマスは今年も一人かも知れないと不安しかありません。