GEがAlexaとGoogleアシスタントで音声制御できるスマートシーリングライト発表

GE(ゼネラル・エレクトリック)がCES 2018に向けて新しいスマートシーリングライト(天井照明)とスマートライトスイッチを発表した。




C by GEとは

もともとGEはスマートライトのラインナップ「C by GE」を展開しており、今回の新製品はこれに続くものとなる。


Photo: GE

電球タイプのC-Life、C-Sleep。



Photo: GE

そして、Alexa搭載のデスクトップライト「Sol – C by GE」。これは、既にGEがAlexa搭載の家庭向けスマートライト「Sol – C by GE」を発表!にて紹介しているので興味のある方はご覧いただければと思う。




スマートシーリングライト

Photo: GE

今回発表されたGEの新しいWi-Fi接続のシーリングライト(天井照明)がこれ。見た目は普通のライトだが、自動で照明の色や明るさを変えるだけでなく、任意の色に変更可能なスマートライトだ。

ロボスタ的に注目なのは、このライトにマイクとスピーカーが内蔵されており、Amazon AlexaかGoogle Assistantを選ぶことができるという点だ。さらにApple HomeKitに対応予定であり、将来的にはSiriも使えるようになるという。

価格や発売時期は未定だが、これは非常に楽しみなデバイスだ。スマートスピーカー(AIスピーカー)なしでライトが制御できるという点だけでも素晴らしいが、音声アシスタントが複数選べるというのは非常に魅力だ。




スマートライトスイッチ

Photo: GE

今回新しいスイッチも発表された。温度、湿度、周囲光のセンサーを内蔵したWi-Fi接続のライトスイッチとなっている。

通常のライトスイッチから交換することで、既存の電球をAlexa、Google Assistantなどの音声アシスタント経由で制御することができるようになるというもの。これも登場が楽しみなデバイスのひとつだ。



僕はこう思った:

コンセプトは非常に興味深いです。気になるのはマイク性能、スピーカー性能がどの程度のものなのかというところですね。




関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


関連Facebookコミュニティ
Google Home fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。