「Amazon Alexa」が渋谷の居酒屋に導入 音声アシスタントで飲み物注文、スタッフの労力は50%に

株式会社ヘッドウォータースは、ロイヤルダイニングが運営する居酒屋「天空の月 渋谷店」にて 2018年3月19日より、Amazonが提供するスマートスピーカー「Amazon Echo」にメニューを注文するAlexaオーダー席の予約を開始したと発表した。

「Amazon Echo Dot」に内蔵された音声認識アシスタント「Alexa(アレクサ)」が、居酒屋で飲み物のオーダーを行うというもの。「アレクサ、飲み物メニューを開いて」をウェイクワードにして、アレクサ専用飲み物メニューからカテゴリーと番号と個数を伝え、その後オーダーを取るかキャンセルか注文完了させるかを選択する。注文完了したら、店員に通知が飛び、その後品物が運ばれてくるのだという。

Alexaで飲み物を注文する様子。アレクサ専用メニューから「ソフトドリンクの3番」のように注文を行う。欲を言えば「ジンジャーエール」などドリンク名で頼みたいところ。タッチパネルよりも簡単に注文できるかがポイントになりそうだ。

飲み物以外のオーダー時でも、利用しやすくするために「アレクサ、天空の月アプリを開いて」をウェイクワードにし、 「店員さんを呼ぶ」、「オススメ」、「お会計」と言う利用用途にも使用することができる。

居酒屋と言うロケーションでの運用において、数あるスマートスピーカーを試した結果から「Amazon Echo Dot」を選んだ理由は、「机の面積を取らないサイズ」「お店の雰囲気」「複数の席、複数店舗展開を鑑みた場合にハードが低コスト」「デバイス毎の細やかな管理」と言う点から選定し、実証実験を行っているのだという。

現在、国内は人手不足に因り、デジタルの力を積極的に取り入れよう、と言う取組が各所で始まっており、 「いかに『人手』を掛けずに店を回せるか、と言う試行錯誤が始まっています」とヘッドウォータースは語る。

スマートスピーカーでオーダーを取ると言う物珍しさによる集客も期待できるが、 オーダーに関して言えば、ハンディでオーダーを取るよりも、スタッフの労力は約50%に抑える事ができているのだという。

スマートスピーカーを使う事で「オーダーするメニューがどう変化するかの傾向をデータから解析し、更なる有効施策のポイントを研究していきます」と今後の展開を述べている。

なお、電話(03-5784-9966)にて「『アレクサオーダー席』をご利用希望」と伝えることで、Alexaオーダー席の予約を行うことができる。

関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。