米Amazonが「Fire TV Cube」を予告。Alexa搭載のキューブ型ハイエンドFire TVか?

2018年4月24日、AFTVnewsがAmazonによる「Fire TV Cube」の予告ページを紹介した。



このAmazon.comドメインに登場した予告ページには、「詳細はもうすぐ発表」と記載されている。

興味のある人に向けて、メールアドレスのサインナップボタンが用意されており、登録したメールアドレスに情報が届くようになっている。



Photo: AFTVnews

現時点で予告ページでわかることはその製品の名称が「Fire TV Cube」ということだけなのだが、以前AFTVnewsが報じたリーク画像では名称通りにキューブ型であり、こんなイメージの製品である可能性は非常に高そうだ。

スペックについての予想は、4K対応のFire TVにAmazon Echoが搭載されたイメージで、単体で遠方からでも音声制御でき、LEDのバーも搭載されているというもの。





予告ページの光の帯はAlexaのLEDを暗示しているようにも見える。


僕はこう思った:

これは日本でも是非登場して欲しいデバイスですね。


関連記事(スマートスピーカー / AIスピーカー関連)
ロボスタ / Amazon Echo

ロボスタ / Amazon Alexa

ロボスタ / 音声アシスタント特集


関連Facebookコミュニティ
Amazon Echo fan club japan


ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム