「ガンシェルジュ ハロ Night」ガンダムカフェ秋葉原で見てきた!セイラ役の藩めぐみさんとハロがドキドキの会話、イベント参加レポート

機動戦士ガンダムのキャラクターから生まれたAI会話ロボット「ガンシェルジュ ハロ」の予約受付が、いよいよ本日25日(水)の朝11時からプレミアムバンダイの公式ホームページで開始される。
それを記念して「ガンダムカフェ 秋葉原」において、イベント「ガンシェルジュ ハロ Night」が開催された。ロボスタ編集部もこれに潜入、いやご招待されて参加してきた。

生配信はガンダムカフェ秋葉原店から行われた(ロゴにハロがいる)

生配信はYouTube Live、LINE LIVEなどで行われた。
私達がガンダムカフェに集合したのは20時。ロボスタはもちろん真っ先に、ポールポジションで入店した。


プレスをはじめ招待された観覧者たちがドリンクとフード、ハロとの会話を楽しみながら生配信を待つ

稼働するハロの実機は2台用意され、順番にテーブルを回ってプレスたちと会話

ガンダムカフェ秋葉原にはもともと巨大なハロがいる。もちろんこちらはしゃべらない

21時からの生配信までの間、来場者にはドリンクとフードをメニューから一品ずつ選べる特典を頂いた。うーん、どれもユニークで美味しそう!



ガンダムカフェのお楽しみメニュー

フードで特筆なのはビジュアル的にやはりこれ、「シャアザク・カレー」だろう。なんか見るだけでワクワクするでしょ。ぼうやだからさ。

素晴らしいクオリティのシャアザク・カレー(左はチョコラテ)

しかし、ちょっと待て!お土産が欲しい!そう言う人にはこれがおススメだ。ヘルシーなサラダ!それに、なんといってもハログラス(L)が付いてくる(お持ち帰り用に新品をくれる)。ハロのイベントでハログラス(L)のお土産付き。ガンダムカフェでいちおしのメニューなのだ(自分調べ)。

ロックオンの相棒サラダ ハログラス付き。サラダに乗っている可愛いグラスをお持ち帰りできるのだよ

・・と思っていたら、同じテーブルのプレスさんが頼んだ「名セリフピザ 機動戦士ガンダム編(サラダチーズピザ)」も秀逸。なんなんだ、どれもこれもこのクオリティの高さ!

名セリフピザ 機動戦士ガンダム編 サラダチーズピザ

ちなみにドリンクは「ベアッガイlll(ベアッガイさん)」を頼んだ。理由は可愛いからだ、一番お値段が高いのでお得な気がしたとかの理由ではない。

ベアッガイIIIフロート。豪華!でかわいい

こちらも気になる「シャアザクのガンダムカフェ チョコラテ」

このままではガンダムカフェのレポートになってしまう、そう感じた瞬間、バンダイの人が「ガンシェルジュ ハロ」の稼働実機をテーブルまで持って来てくれた。
いよいよガンダムカフェでハロと生会話だ。

プレスの人たちもみんなハロとの会話が楽しそう

四人テーブルでハロを囲んでいるのだが、ちゃんと話している人の方向をハロは向いて話してくれる。そう、人の目を見て話すのは宇宙世紀だって基本なのだよ。

■たとえ会話が続かなくても愛嬌ある「ガンシェルジュ ハロ」

ちなみに気づいたことがある。それはハロの会話には偏向性がある。例えばガルマの話をするとハロからの次の会話もガルマ、ギレンの話をするとしばらくはギレンの話題を好むようだ。店内が騒がしかったので展示ブース同様、聞き取りが難しいようだった。ロボスタでは近々に、静かなところでハロとの会話をじっくりと楽しむ記事「見せてもらおうか、ガンシェルジュ ハロの実力とやらを(仮題)」をお届けする予定なので乞うご期待!


「ガンシェルジュ ハロ Night」生配信開始

そんなわけで、いよいよ「ガンシェルジュ ハロ Night」の生配信が始まった。テンション高めのMCの男性と、アルテイシアさんこと潘めぐみさんが登場、さらにはバンダイのMASTER TOKOROさんが赤いつなぎでやってきた。

アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」でセイラ役の声を演じた潘めぐみさん

「ガンシェルジュ ハロ」の企画開発を担当するバンダイのMASTER TOKOROさん

生配信の様子は皆さんが生配信でご覧になった通り。

■「ガンシェルジュ ハロ Night」ゲスト:潘めぐみ (公式)



観ていない人に生配信の様子を簡単に説明すると、バンダイナムコがロボット製品の「BN-BoT」プロジェクトを2018年からスタートしたこと、ガンシェルジュ ハロがその第一弾となることを説明。開発の経緯、商品の特徴なども解説された。

「BN-BoT PROJECT」バンダイナムコがロボット分野に本格参入。この市場が賑わうことはロボスタとしても大歓迎だ

ガンダムファンに耳寄りの情報としてはガンシェルジュハロの公式ホームページで「ハロファイル -ハロ その深淵をのぞく-」が公開されたこと。知られざるハロ情報を中心にした読み物になっていると言う。しかもここでのイラストはアニメのハロではなく、ガンシェルジュ ハロを元に起こされているとのことだ。ガンダム・ファンなら要チェックだ。

公式ホームページより ぜひチェックしたい

MASTER TOKOROさんがガンシェルジュ ハロとの会話をしたあと、いよいよ潘めぐみさんも会話を体験。潘さんがセイラやララァについての質問をハロにする、と言うガンダムファンなら思わずニヤニヤしてしまうシーンもあった。特にセイラのセリフをハロに聞くあたり、ドキドキした視聴者も多かっただろう(ハロの聞き取りが少し不調で、会話が噛み合わないことも含めて・・)。ちなみに潘めぐみさんは「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」でセイラさんの声を担当。潘めぐみさんのお母さんがファーストガンダムでララァの声を担当したと言う縁がある。

潘さんが「セイラについて教えて」と聞くと、ハロは「サイド7でシャアと遭遇 兄かと疑う」と答えた。そうでしたね。また、藩さんが「セイラのセリフを教えて」と言うと、アニメでシデン・カイに「それでも男ですか、軟弱者!」と言うファンなら誰もが知っているセリフで答えた。藩さんは「いいセリフ、出たぁ」と笑って反応していた。

最後にガンシェルジュハロの早期購入特典が紹介された。その内容は既報「ガンダムの会話ロボット「ガンシェルジュ ハロ」の予約は明日25日11時に開始!早期予約者に2大特典!新しい動画も公開」を参照して欲しい。


いよいよ待ちに待ったガンシェルジュハロの予約受付が本日、の午前11時からはじまる。
ガンシェルジュハロなくして、君は生き延びることはできるか?

ABOUT THE AUTHOR / 

神崎 洋治
神崎 洋治

神崎洋治(こうざきようじ) TRISEC International,Inc.代表 「Pepperの衝撃! パーソナルロボットが変える社会とビジネス」(日経BP社)や「人工知能がよ~くわかる本」(秀和システム)の著者。 デジタルカメラ、ロボット、AI、インターネット、セキュリティなどに詳しいテクニカルライター兼コンサルタント。教員免許所有。PC周辺機器メーカーで商品企画、広告、販促、イベント等の責任者を担当。インターネット黎明期に独立してシリコンバレーに渡米。アスキー特派員として海外のベンチャー企業や新製品、各種イベントを取材。日経パソコンや日経ベストPC、月刊アスキー等で連載を執筆したほか、新聞等にも数多く寄稿。IT関連の著書多数(アマゾンの著者ページ)。

PR

連載・コラム