Googleアシスタントの進化がすごい! 日本語と英語を同時に操るバイリンガルに

Googleは、AI音声アシスタント「Googleアシスタント」がバイリンガル対応になったことを発表した。これは、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語の6ヶ国語に対応した機能で、そのうちの2言語を選択して、対応できるようになった。英語で話しかけても、日本語で話しかけても回答をしてもらえるようになった。

使用するには、設定が必要。グーグルホームのアプリから、「その他の設定」→「カスタマイズ設定」→「アシスタントの言語」を選択し、追加する言語を選ぶことで、2ヶ国語に対応するグーグルホームになる。今後数カ月で、対応言語を増やしていくと発表している。

設定画面

これまでは、日本語のGoogleアシスタントに英語で話しかけても対応はしてもらえず、言語設定をアプリから切り替える必要があった。しかし、今回のバイリンガル機能で、英語か日本語かを聞き分けるようになっている。言語の聞き分けにはディープラーニングが活用されている。

これにより、複数言語のユーザーがいるオフィスや家庭では、それぞれの言語で自然な会話を行うことができるようになる。今後、トリリンガル(3ヶ国語を操る)になる予定もあるという。


Source:Google

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム