自動運転コミュニティーバスの試乗会が北海道で開催 技術提供はSBドライブ

Japan Innovation Challenge 実行委員会は、2018年10月7日(日)に、北海道上士幌町にて自動運転コミュニティーバスを初公開し、一般の方が実際に乗れる試乗会を開催することを発表した。

運転手は同乗せず、オペレーターが緊急事態に備えて待機する。技術提供はSBドライブが行なっている。

同コミュニティーバスは、今後、上士幌町でも町内で走行する予定。今回お披露目する自動運転コミュニティーバスは、車内で交流ができる空間を意識したデザインが特徴だ。試乗会で走行するバスは、主に子供の通学を想定し、走行中には、米村でんじろう先生の弟子である市岡元気先生による、上士幌町の名所・名産を使った実験映像が放映される。


試乗会は当日受付制で、開催場所は北海道上士幌町役場前特設会場 (北海道河東郡上士幌町字上士幌東3線238番地付近)。10時から16時までが試乗会の時間となる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム