ローソンが見せる未来のコンビニ像 投影キャラクターによる接客と無人自動店舗

「CEATEC 2018」が開幕した。中でもコンビニエンスストアのローソンが展示する未来の店舗が話題だ。


キャラクターが接客

ひとつはアニメ風の店員の接客。透明板の裏に設置したプロジエクターから投影したキャラクターが対応する。


これ実は、スタッフが遠隔から対応している。スタッフの動きや表情に合わせてキャラクターが動いている。将来は遠隔のスタッフによる操作ではなく、AIによる対応を目指しているという。



自動決済のコンビニ店舗

もうひとつ話題なのが自動決済のコンビニ店舗だ。将来の省力化に繋がるものだ。
ブース内では簡易的に商品棚が用意され、実際に買い物ができる。レジにスタッフは必要ない。来店客は欲しい商品を所定のショッピングバッグに詰める。会計時はスマートフォンのQRコードを提示してユーザーIDを照合、ショッピングバッグごとスキャナを通すと購入商品が読み込まれて決済が完了するしくみだ。商品に貼付されているRFIDタグを読み込んでいる。さまざまな方式があるが、確実性では実現的な方法と言えるだろう。

ローソンの自動決済を体験しようと長い列が(実際に商品を購入してクレジットカード決済を行うこともできる)

実際にクレカ決済をしたくない人向けにデモ体験用のスマートフォンも用意された

■ローソンの自動決済の動画

QRコードでIDを認識して、ショッピングバッグごとスキャンをとおるだけ

商品すべてにこのようなRFIDタグが貼られ、これがスキャンで迅速に読み込まれるしくみ


さまざまな企業が無人店舗の実証実験をはじめる中、労働力不足の課題を解決する省人化の未来像としてローソン流の無人店舗の方法を提示した格好だ。
「CEATEC 2018」の会場に足を運ぶ人は、体験してみてはいかがだろうか。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム