パナソニックとソフトバンクが共同実験、キーワードはNB-IoT、NIDD、常時接続、IoT家電

パナソニック株式会社とソフトバンク株式会社は、低消費電流で長距離のデータ通信を行える通信技術「LPWA」の1つである「NB-IoT」を活用した常時接続IoT家電の実用化に向け、商用環境下で実証実験を実施することを11月1日に発表した。

ソフトバンクは、NB-IoTにおいて新たに規格化されたNIDD(Non-IP Data Delivery)技術の商用環境での接続試験に世界で初めて成功。同技術は、従来のデータ通信時に付加的に必要となるヘッダー情報などのデータが削減されることにより、通信に必要な電力を抑えられ、バッテリーを長持ちさせる他、従来と比べてより広い通信エリアをカバーできるというもので、この成功を受けて商用環境での試験サービスの提供を開始するべくサービス事業者を募っていた。
(※冒頭写真はソフトバンクが単独で実施したNIDD発表会より引用)

NIDD技術を使用したデータ通信のイメージ

また、パナソニックは、近年、通信技術の進化に伴いスマートフォンやウェブサービスとの連携が可能なIoT家電を展開しており、現在はインターネット回線が無い家庭でも電源を入れるだけでクラウドを活用できるようになるLPWAの検証を進めている。

同実証実験は、2018年11月から大阪にて、IoTデバイスにIPアドレスを割り当てずにデータ通信を行うことができるNIDDを使用し、LTE通信規格NB-IoTでの検証を行うというもの。これにより、IoT家電向けに高セキュリティーなネットワークを構築することが可能となる。

両社は「今後、LPWAを用いてお客様とつながり続けることで新たな価値や体験を生み出し、より豊かなくらしや社会の実現を目指していく」と述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム