プログラミング学習用ロボット「PLEN:bit」が資金調達をスタート! 価格は2万円から、目標金額300万円

株式会社プレンプロジェクト(⼤阪府⼤阪市北区)は教育⽤マイコンボード「micro:bit」を搭載したプログラミング学習⽤ロボット「PLEN:bit」を開発し、世界中からのフィードバックを得るため、12⽉1⽇よりKickstarterにてクラウドファンディングを開始した。目標金額は300万円で、開始数時間で20名以上から支援を受けている。Kickstarter⽀援者への「PLEN:bit」の発送は2019年4⽉を予定しているという。

PLEN:bitは、英国BBCが開発した教育⽤⼩型コンピューター、「micro:bit」を搭載した⼩型のヒト型ロボット。micro:bit によって⼿⾜を動かしたり、LEDアイコンをデザインするなど、コンピュータープログラミングを初⼼者でも楽しく学ぶことができる。



全長約13cm、重量は300gと、見た目は小型のPLENだ。「micro:bit」にはプロセッサや25個のLED、外部接続炭層をもち、モーターやセンサーと接続することができる。組み合わせることで、音が鳴ったら両手をあげる、ものが近づいてきたら胸のLEDでハートを表示させるといったことが可能だ。



視覚的に操作できる初学者向けのブロックエディタを⽤いて、初⼼者でも簡単にプログラミングできることに加え、JavaScriptやPythonなどの⾔語にも対応しており、2020年度から必修化されるプログラミング教育での活躍も期待される。



クラウドファンディングの期間は2018年12月1日から2019年1月14日まで。価格は早期購入で20,000円からとなっている。

関連サイト
PLEN:bit|Kickstarter

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム