【世界初】ソフトバンクと本田技術研究所が5Gコネクテッドカーの検証環境を構築!ノキアの通信機器を使用した商用化検証を開始

ソフトバンク株式会社は、第5世代移動通信システム(5G)を活用するコネクテッドカーの開発向け検証環境を世界で初めて構築し、商用化に向けた検証を2018年11月から開始していることを発表した。

同社は、5Gを活用したさまざまなサービスやソリューションの研究開発に取り組んでおり、その一つとして自動車を中心としたモビリティーとさまざまなモノが“つながる”ことで、新たな体験や価値を提供するコネクテッドカー領域がある。

この領域において、Hondaの研究開発子会社である株式会社本田技術研究所と共に、コネクテッドカー技術の強化を目的とした共同研究の検討しており、今回の検証はこの共同研究の一環として行われた。



▼ソフトバンクと本田技術研究所の共同研究概要
クローズドのテストコース(鷹栖プルービンググラウンド:冒頭写真 https://www.honda.co.jp/RandD/takasu_pg/ より引用)を活用して5G環境を作り出し、以下の技術開発を行う。

•高速ハンドオーバー技術
高速移動中の自動車で、通信する基地局を安定的に切り替える技術および車載アンテナの開発
•弱電界、圏外域でのリカバリー技術
弱電界におけるデータ送受信性能を確保する技術およびデータ処理技術の開発
•その他、さまざまなユースケースを想定した技術開発


検証環境について

同社は、株式会社本田技術研究所の北海道上川郡のテストコースに実験基地局を設置。移動通信システムの規格策定を行う標準化団体である3GPPの規格に準拠した通信機器を使用して最先端の5Gネットワークを構築した。

今回の検証に当たっては、フィンランドに本社を置くノキア製の通信機器を使用。商用環境を想定したノンスタンドアローン標準(LTEとの連携によって5Gの性能や機能をいち早く実現できるようにする)仕様で構成された屋外5Gネットワーク環境の構築は、日本初となる。



同社は、今回構築した5Gネットワーク環境においては、高精細な4K映像を伝送することが可能であり、今後は車両に搭載した実験用端末に映像を伝送する検証に取り組んでいくと述べている。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム