スマスピの2019年市場規模は約8千億円、販売台数は1.6億台へ デロイトトーマツが調査結果を発表

2018年12月12日、デロイトトーマツグループが「Technology, Media & Telecommunications predictions 2019」を発表した。テクノロジー・メディア・通信のグローバルトレンドを予測するレポートだ。この発表の中から一部スマートスピーカーやそれに関する調査結果を抜粋して以下紹介する。



スマートスピーカーの世界販売台数

Image: Deloitte Insights / グラフはロボットスタートが作成

2019年スマートスピーカーの世界販売台数は1億6,400万台に達し、市場規模は70億ドルに拡大するという。2018年の9,800万台、43億ドルからそれぞれ1.6倍〜1.7倍の成長を遂げる見込みだ。



スマートスピーカーの国別普及率

Image: Deloitte Insights

スマートスピーカーの国別普及率を見ると、中国が22%、アメリカが20%と続く。日本の普及率が低かったからか、グラフには表示されていない。なお、先日発表されたデロイトトーマツによる別の調査では、日本の普及率は3%とされている。




毎日使うデバイスは?

Image: Deloitte Insights

日常的に使用されるデバイスとしては、スマートフォンが95%、ノートPCが72%、デスクトップPCが71%と続く。スマートスピーカーは56%で、7番目に多く使われるデバイスとなった。


スマートスピーカーの利用用途

Image: Deloitte Insights

最も日常的に使う機能上位5を聞くと、音楽再生 60%、天気 52%、アラーム 39%・一般的な質問 39%と続いた。

これらの他にも様々な調査結果が報告されている同レポート。ぜひ資料に目を通して頂ければと思う。


Source: デロイト トーマツ グループ

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム