上野御徒町駅で女性型案内ロボット「ARISA」に会ってきた

2018年12月17日(月)〜12月21日(金)の10時〜16時の期間中、都営大江戸線 上野御徒町駅のツーリストインフォメーションセンターにて、案内ロボット『ARISA(アリサ)』が、東京都の実施する「都営地下鉄施設内における案内・警備ロボット実証実験」に参加すると聞き、行ってきました。

ARISA(アリサ)とは?

ARISAは、株式会社アルゼゲーミングテクノロジーズとTHKが共同開発した受付業務とエンターテイメント要素を持つ案内ロボット。前面のモニターで利用者が選択を行い、背面のモニターで文字の表示や、指示を行う。認知され、興味を持たれ、安心・安全な使い心地を実現することで、幅広いユーザーに継続的に使ってもらうことを目指している。

「都営地下鉄施設内における案内・警備ロボット実証実験」とは?
2020年までに、「案内や問合せ対応等」及び「警備・警戒・見守」に関するロボットを活用した技術・サービスについて、都営地下鉄の駅における実証実験を通し、技術の向上や活用の可能性、社会実装へ向けた課題等を検証するために行われているもの。


ARISAに会ってきた!


都営大江戸線 上野御徒町駅A6番出口方面にある「ツーリストインフォメーションセンター」でARISAが存在感を放っていました。私の他に先客がチラホラ。人気者のようです!



メニューは、「乗換案内」「目的地別出口案内」「当駅設備のご案内」「バリアフリーのご案内」「よくある質問」「写真撮影」の6つ。雑談もできるよう。また、ARISAは日本語の他にも、英語・中国語・韓国語に対応。外国人の方のガイドもバッチリですね。


乗換案内をしてもらった

まずは「乗換案内」をしてもらいました。キーボードと音声入力のどちらも可能ですが、今回はマイクに向かって行きたい駅名を言いました。すると、最適な行き方と料金をディスプレイと音声にて案内してくれました。


写真撮影をしてみた


「写真撮影」では、「ハロー」「ハート」「ピース」「握手」「ラブハート」「カップル」から一緒にしたいポーズを決められます。5本の指がしっかり動くARISAだからこそ、このように様々なポーズがとれるのですね。


雑談をしてみた

「お元気ですか?」の返事に「お腹すきました」と答えているのがキュートです。雑談では様々なシナリオが用意されており、同じ質問にも複数パターンの答えが用意されてるようです。



開発者に話を聞いてみた

ARISAは、どのようなお客様に利用されているのでしょうか。株式会社アルゼゲーミングテクノロジーズ先行開発部の跡部さんに話を聞いてみました。

里見

ARISAは、上野御徒町駅ではどのような方に使われていますか?

跡部

一般の日本人の方よりも外国籍の方が多いです。メニューの中では、「写真撮影」が人気です。ARISAと撮影していく方が多くいらっしゃいます。

里見

これまでは、どのようにARISAを使っていたのですか?

跡部

受付業務ですね。弊社の受付で使っています。ですが、皆様がどのようなことをARISAに話しかけるのか、何を困っているのか分からないので、駅内で一般のお客様に使っていただけることは、開発にとって良い機会だと思っています。

里見

今後はどのように活用していきたいですか?

跡部

2月にも同じく実証実験があります。今回のデータを蓄積して、ARISAが会話内容から聞き取れなかったワードやうまく返答ができなかったワードを修正していきたいと思います。そのために多くの方々にARISAと話してもらえると嬉しいです。



くるくる変わるドットマトリックスLEDの目と、たまに赤くなるほっぺがチャーミングなARISAでした! 皆さんの協力によってどんどん成長していくと思います。次回の実証実験では、さらに進化したARISAが見られるかもしれませんね。

ABOUT THE AUTHOR / 

里見優衣
里見優衣

最近ねこを飼い始めました。

PR

連載・コラム