RolandがAmazon Alexaを搭載し、声で操作できる電子キーボード「GO:PIANO with Alexa Built-in」をCES 2019で発表!

2019年1月7日、ローランド株式会社がAmazon Alexa搭載により声でさまざまな操作ができる電子キーボード『GO:PIANO with Alexa Built-in』をCES 2019で発表することを予告した。



『GO:PIANO with Alexa Built-in』でできること

・本体機能を音声操作
 ・演奏の録音/再生やメトロノームの拍子の変更など
 ・「音当てゲーム」などの機能を呼び出し、家族で楽しめる。
・ピアノの設定を音声操作
 ・基準ピッチの変更、演奏する音域の変更など
・演奏の録音
 ・演奏をクラウド上に保存し、いつでも聴き返せる。
・スピーカー搭載
 ・Amazon Echoがなくても、キーボードに搭載のスピーカーでAlexaを利用できる。
 ・Amazon Musicを利用して、好みの曲に合わせてピアノの演奏を楽しめる。

なおAlexaの機能を使用するには、AmazonのアカウントとWi-Fiネットワークへの接続が必要だ。またAmazon Musicはプランによっては別途料金が必要になる場合がある。

この電子キーボードの発売は今秋予定、価格は未定となっている。

ベースとなるGO:PIANOの価格はAmazon.co.jpで定価42,120円のところ36,400円で販売中だ。これよりは高くなっても不思議はないが、スマートスピーカーと比べて著しく高いという価格でもない。この新しいジャンルのスマート楽器、また続報あればお届けしたい。



Source:Roland

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム