Amazon Alexa搭載の自転車「Cybic Legend」が登場! #CES2019

イギリスの自転車専門店「Halfords」が発表したスマートバイク「Cybic Legend」。一見するとフレームデザインが変わったバイクといった印象だが、なんと「Amazon Alexa」を搭載したスマートバイクなのだという。



ハンドル部には液晶ディスプレイが搭載されており、そこにスピード・移動距離・タイムなどを記録して表示する機能がある。またフレーム部にもボタンが2つ見える。



Cybic Legendに搭載されたAlexaを活用することで、交通情報を確認したり、音声ベースの簡易ナビゲーション、自転車の前後のライトのオン・オフ、音楽やPodcastの再生指示などが音声でできるようになる。更にスマートバイクらしい機能として、盗難された場合に備えたアラームやGPS追跡システムなども装備されている。

なおAlexaとの接続は、Wi-Fiまたは携帯回線による接続で、3年間無料で使える3GサービスのVodafone SIMカードが付属するという。


電動アシストのないCybic Legendと電動バージョンのCybic E-Legendの2種類が用意されるが、発売日や価格については発表されていない。Halfordsで独占販売されることがわかっており、メールアドレスを登録しておくと最新情報が届くようだ。また続報あればお伝えしたい。


Source:Halfords

ABOUT THE AUTHOR / 

中橋 義博
中橋 義博

1970年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。大学時代、月刊ASCII編集部でテクニカルライターとして働く。大学卒業後、国内生命保険会社本社において約6年間、保険支払業務システムの企画を担当。その後、ヤフー株式会社で約3年間、PCの検索サービス、モバイルディレクトリ検索サービスの立ち上げに携わる。同社退社後、オーバーチュア株式会社にてサービス立ち上げ前から1年半、サーチリスティングのエディトリアル、コンテントマッチ業務を担当する。2004年に世界初のモバイルリスティングを開始したサーチテリア株式会社を創業、同社代表取締役社長に就任。2011年にサーチテリア株式会社をGMOアドパートナーズ株式会社へ売却。GMOサーチテリア株式会社代表取締役社長、GMOモバイル株式会社取締役を歴任。2014年ロボットスタート株式会社を設立し、現在同社代表取締役社長。著書にダイヤモンド社「モバイルSEM―ケータイ・ビジネスの最先端マーケティング手法」がある。

PR

連載・コラム