東大生インターン開発の朝食ロボット「ロレイン」が米国SXSWで展示へ

「調理ロボットサービス」を開発しているコネクテッドロボティクスは、自動朝食システムを搭載した朝食ロボット「Loraine(ロレイン)」を米国の展示会「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」で展示することを発表した。

「Loraine(ロレイン)」は、目覚める時間にタイマーをセットすると、 時間に合わせてコーヒー・トースト・目玉焼き・炒めものなどの朝食を自動調理してくれるロボット。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する朝食を作る機械からインスピレーションを得て生まれたというこのロボットは、「お母さんが寝ている間に朝食を作ってくれるような体験」を目指して、同映画の主人公マーティの母親「ロレイン」と同じ名前が付けられている。



開発したのは、コネクテッドロボティクスでインターンをする東大生チームだ。



Loraineは、2月19日〜2月22日に開催されたホスピタリティとフードサービスの商談専門展示「HCJ2019」でも展示されていた。展示会では、コーヒーメーカーを操作し、トーストを焼き、スマホアプリから選んだ食材をホットプレートで焼き、目玉焼きを作るという一連の流れを行なっていた。

SXSWは、3月10日~3月13日まで開催され、時間は10時~17まで(最終日は14:00まで)。同ロボットの展示会場は、米国オースティンAustin Convention Center(Todai To Texasブース)で行われる。

関連サイト
SWSX公式サイト

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム