キャットフードの「カルカン」が子猫育て「育ニャンナビ」をリリース、Googleアシスタント対応で手軽かつ便利に情報を入手可能

「今日の体重は何キロでしたかニャン?」
「(その体重だと)標準より若干太めです。ご飯やオヤツのあげ過ぎには注意しましょう」

マース ジャパン リミテッドは、日本で30年以上の販売実績を持ち、世界30ヵ国以上で愛されているロングセラーのキャットフードブランド「カルカン」から、初めて子猫を飼い始める「子猫育てビギナー」向けにGoogleアシスタント対応アプリ「育ニャンナビ」をリリースしたことを発表した。

また、リリースを記念して、子猫と暮らし始めた100名の方に抽選で「育ニャンデビューセット」が当たる「育ニャン生活デビューおめでとう!キャンペーン」を実施。セットには、子ねこ用製品詰め合わせ& Google Home Miniが付属する。応募は「育ニャンナビ」に登録後、アプリに「育てワクワク」と話しかけ、応募特設サイトで必要事項を記入する。



子猫の成長に必要な情報を手軽かつ便利に入手「育ニャンナビ」

「育ニャンナビ」は、子猫の健やかな成長に必要なアドバイスを適切にしてくれるGoogleアシスタント向けスキル。Googleアシスタントを搭載したデバイス(スマートフォンやスマートスピーカー)に向かって、「OK Google,『育ニャンナビ』につないで」と話しかけるだけでアプリを起動することができる。

アプリの起動後は、子猫の名前、生年月日、性別、猫種(大型、小型)などの基本情報を登録。次に、日々の体重を記録することで、成長に応じた食事の量や回数、トイレの世話を適切にアドバイスしてくれる。さらに、「今日の育ニャンメモ」として成長段階に合わせた豆知識を知ることもできる。


近くの病院、猫動画なども検索することが可能。

「育ニャンナビ」は、マース ジャパンの獣医師によって監修された、子猫の適切な育て方に関するノウハウが詰まったWeb記事「まるわかり!子ねこ生活ガイド」のデータを基に開発されている。獣医師の専門的な知見から子猫の育て方が体系的にまとめられているため、「子猫育てビギナー」でも手軽かつ便利に情報を知ることができる。



■子猫との出会いは偶然的? 約56%は何も知らないまま飼い始める

子猫を飼うきっかけとして、「野良猫を拾った」が35.4%、「友人/知人から飼育を頼まれた、もらった」は21.6%と突然飼い始めるケースが最も多く(平成30年 全国犬猫飼育実態調査)、育て方をよく知らないままに飼い始めてしまうことも少なくない。

さらに、子猫は人間の赤ちゃんよりも15倍速く成長し、成猫になる1歳までに体重は20~40倍まで大きくなる。そして、その急激な成長に合わせて、食事やトイレなどお世話の仕方も変える必要がある。さらに、現在、平均寿命が15歳(平成30年 全国犬猫飼育実態調査 )となっている猫が、最後まで健やかな生活を過ごすには、この時期の育て方がとても重要だという。

しかし、いざ困った場面に直面したとき、Web上に溢れる情報から「今欲しい適切な情報」を探し当てるためには一定のスキル・リテラシーが必要になる。また、「子猫育てビギナー」にとってはもちろん、経験者であっても個性や個体差に応じて適した育て方が異なるため、1つの参考情報では結果的に「自分の子猫」に合わないこともあり、「今の『自分の子猫』に合った情報」を得ることが難しい現状がある。こうした状況を背景に、カルカンの「育ニャンナビ」は開発された。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをする傍ら、バンタンゲームアカデミー東京校にてゲーム企画を学んでいる。好きなロボットはユニコーンガンダム(最終決戦仕様)。好きなゲームはレインボーシックスシージ。好きな四字熟語は十人十色。まだまだロボットはわからないことが多いですが、これからもっと勉強していきます!

PR

連載・コラム