ZOZOの「VUI」への挑戦 800万件のデータからAIがおすすめコーデを提案

ZOZO傘下のテックカンパニー・ZOZOテクノロジーズ社は、AIに相談するだけでお気に入りのコーディネートが見つかるAmazon Alexaスキル「コーデ相談 by WEAR」を5月23日にリリースしたことを発表した。



「コーデ相談 by WEAR」は、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」を音声で楽しめるスキル。WEARにアップされているコーディネートから、ユーザーにオススメのファッションアイテムを提案してくれるというものだ。

Amazonが提供する画面付きのAlexaデバイス(Echo Show等)では、コーディネート画像を閲覧することも可能。

「アレクサ、コーデ相談を開いて」と話しかけると「いつものコーデのアクセントに、赤いスニーカーはどうですか?」というように、おすすめのファッションアイテムを提案してくれる。利用する度にAIが好みを学習するため、ユーザーごとに最適化されていくという点が特徴だ。


また、「仲良し度」と呼ばれる親密さを測る機能も搭載されており、相談を重ねるごとに親しげなコミュニケーションに変わっていくという。


使い方は簡単で、ブランドやファッションアイテムをAlexaに聞くだけで、そのアイテムを使ったコーディネートがデバイス上に表示される。例えば「白いシャツのコーデを教えて」と話しかけると、WEARに投稿されている800万件以上のコーディネート画像の中から、白いシャツを使用したコーディネートを見つけることができる。



気に入ったコーデはお気に入りに保存することができ、QRコードをスマホから読み取ることで詳細を確認することも可能だ。

音声でファッションコーディネートを提案するスキルは、スマートスピーカーの利用シーンとして多い、朝の支度時に大いに役立つ可能性を秘めている。着替えのときには手が離せない場面が多く、VUIの魅力であるその入力の手軽さを活かせる可能性が高い。

Amazonはファッションチェック用のカメラ付きAlexaデバイス「Echo Look」も展開しているが、日本では未発売。今後この「コーデ相談 by WEAR」もEcho Showのカメラなどと連携していくことで、撮影した画像を元にコーディネートの提案ができるようになれば、よりユーザーにとって価値あるスキルになっていくかもしれない。

「今後はGoogleアシスタントをはじめとする音声サービスへの対応も予定している」と語るZOZOテクノロジーズ。同社の代表取締役CINO(Chief Innovation Officer)の金山裕樹氏から、今回の発表に際して、以下のコメントを頂いた。

ZOZOテクノロジーズ 代表取締役CINO金山氏

音声でコンピューターやソフトウェアを操作し価値を享受することは、今はまだ限定的なお客様と利用シーンでしか活用されていませんが、あと数年もしたら、スタンダードになると確信しています。

その来るべき未来に向けた1つ目のアプリとしてこの「コーデ相談 by WEAR」から多くの学びを得て、ZOZOグループとして次々とお客様にファッションを、笑顔を届けることができたらと考えております。



様々なチャレンジを続けるZOZOは、VUIという領域でどのような「VUX」に挑戦していくのか、注目だ。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム