日本マイクロソフトとRapyuta Robotics、Microsoft Azureと「rapyuta.io」で多種多様な複数ロボットの管理・制御の推進へ

Rapyuta Roboticsと日本マイクロソフトは、Rapyuta Roboticsが提供するクラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」を連携して推進することを発表した。両社は、マイクロソフトのエンタープライズクラウド市場における知見やエコシステムを組み合わせることで、物流、製造、流通などをはじめとした幅広い業種での「rapyuta.io」利用拡大を図る。

「rapyuta.io」は、マイクロソフトのクラウドプラットフォームMicrosoft Azure上で動作するクラウドロボティクス・プラットフォーム。企業ユーザーは、「rapyuta.io」を活用することで、ロボットソリューションの構築と多種多様な複数ロボットの管理・制御が、直感的かつ容易行うことが可能。



「rapyuta.io」から生み出され運用されるソリューションの導入企業は、物流拠点における作業の自動化、効率化による労働環境の改善や、省人化による労働力不足の解消とサービス品質の向上が期待できるという。

今回、日本マイクロソフトはスタートアップ支援の一環としてRapyuta Roboticsと技術協力、ソリューション開発、海外市場への展開の3分野において連携する。

技術協力では、「rapyuta.io」プラットフォームのさらなる機能拡大や利便性の向上に向けて、米国マイクロソフト本社を含め、クラウドインフラストラクチャーおよびAIのノウハウなどの技術支援を行い、Rapyuta Roboticsはクラウドロボティクス関連技術を提供し、ロボティクスサービスの構築を目指す。

ソリューション開発では「rapyuta.io」プラットフォームや「rapyuta.io」をベースに開発された倉庫ロボット、ロボットアームソリューションなどのアプリケーションを対象に、Azureの各種サービスをパッケージ化したソリューションを開発する。

海外市場への展開では日本マイクロソフトが、マイクロソフトがグローバルに保有するリソースを活用し、海外のソフトウェアおよびハードウェアデベロッパー、ロボットインテグレーターやエンドユーザーとのビジネスマッチングとプロモーションを行い、Rapyuta Roboticsが目指す、様々なロボティクス関係者が刺激しあいイノベーション生み出す、マーケットネットワークの形成支援を行う。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム