アーム型の人協働ロボット「COBOTTA」が三越ワールドウォッチフェアでライブデモンストレーションを披露

2019年8月21日(水)〜26日(月)の6日間、日本橋三越本店で開催された「第22回 三越ワールドウォッチフェア」で、株式会社デンソーウェーブ社製のアーム型の人協働ロボット「COBOTTA」(コボッタ)によるライブデモンストレーションが披露された。腕時計とのコラボレーション企画だ。

COBOTTAについてはロボスタでも過去に何回か紹介しているので、ロボットの詳細については以下から記事をご覧頂きたい。

日本橋三越本館7階催物会場で開催された

今回のライブデモンストレーションの全景。ガラスケースの中に時計とCOBOTTAがある

デモの内容は、COBOTTAの手先に小型カメラを設置し、時計の微細な部品やデザインを撮影し、リアルタイムでモニターに映し出すというものだ。


COBOTTAの先につけられているカメラが時計に近づいていく

このようにじっくりと時計に迫り、ディティールの確認が可能だ

この方法だと手に取るのが難しい高級時計でも、細かい箇所やそのディティールまでじっくりと見ることができる。

カメラの映像はこのようにモニターで見ることができる


時計以外のものでもこの方法が活用できるのではないかという印象で、今後が期待できる展示だった。

今回の取り組みを行ったオチュア株式会社(otuA Inc.) 星野代表取締役からコメントを頂いたので掲載したい。

これまで、時計の持つ微細なこだわりはブランドが提供する映像以外で見ることがかないませんでした。

ケース、ムーブメント、リューズ…クラフツマンシップが生んだ美しさを、COBOTTAは微細な世界を覗くことを可能にしました。工業用ロボットが源流の信頼性の高さは、高級な時計を相手に安心して稼働させることができ、ダイレクトティーチングはまるで振付をするように、優雅な動きを作り出せました。小さな時計と小型のCOBOTTAからは考えられない迫力ある舞台が完成しました。

今回の機会でプロダクトの、ブランドのストーリーを映すライブデモンストレーションロボットシステムの可能性を示せたと考えています。

ABOUT THE AUTHOR / 

北構 武憲
北構 武憲

本業はコミュニケーションロボットやVUI(Voice User Interface)デバイスに関するコンサルティング。主にハッカソン・アイデアソンやロボットが導入された現場への取材を行います。コミュニケーションロボットやVUIデバイスなどがどのように社会に浸透していくかに注目しています。

PR

連載・コラム