バンダイのSTEM教材「ZEONIC TECHNICS」動くザクの予約を本日開始 YouTube特別番組の第2弾を今夜配信へ

バンダイ 新規事業室は、ロボティクスの基礎やプログラミングの概念を「遊びながら」「学ぶ」ことができるSTEM 学習教材「ZEONIC TECHNICS」の予約受付を本日の20時から開始する。

「ZEONIC TECHNICS」の価格は、税込98,890円(税抜89,900円)。オプション製品の「ハンガーデッキ&フィギュアセット」は、税込16,280円(税抜14,800 円)。予約は、一部家電量販店、インターネット通販サイト、バンダイ公式通販・ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で行うことができる。

また予約開始直前の19時から、特別番組第2弾がYouTube「バンダイ公式チャンネル」にて配信。MCは前回と同様に綾見有紀さんが務める。


ジオン公国軍のMS「ザク」を開発することができる

ZEONIC TECHNICS は「機動戦士ガンダム」に登場するMS(モビルスーツ)「ザク」を自ら組み立てて、プログラミングで動かすことができるSTEM学習教材。「ザク」を開発した劇中の企業「ジオニック社」の一員になって、「メカニックの卵」として、楽しみながらSTEM学習を行うことができる。



組立工程は「頭部」「胸部」「腕部」「下半身」と大きく4段階に分かれ、段階的に組み上がっていく様子や、動作確認の実施など、MS生産工場さながらの世界観を楽しむことができる。また、組み立てが完了すると「ジオニック社」より受講証明書が発行される。


工具はドライバーを使用

専用アプリからは、ポーズメイク、モーションメイクなどが行え、MSのプログラミングやコントロールも可能。また、付属の教本でロボティクスの構成要素を会得し、課題に基づく実験を行うこともできる。



ZEONIC TECHNICSの対象年齢は12才以上で、製品は2020年3月に発売予定。9月28日に配信された特別番組第1弾では、「ZEONIC TECHNICS」の詳細な解説と発売情報の動画。ハンガーから外した状態での歩行、パンチのモーション、スマホのセンサーとのシンクロ(マスタースレーブ)等が公開された。

■特別情報番組01「ZEONIC CHANNEL #01」


ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身、1998年生まれの20歳。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム