音声でトランスフォームする変形ロボット「Robosen T9」日本上陸 プログラミング教育にも活用可 国際ロボット展で展示

Robosenは、ヒューマンノイドと車の相互変形、二足歩行、ダンス、プログラミング、音声制御などができる変形ロボット「Robosen T9」を2019国際ロボット展(東京ビッグサイト 12月18日〜21日)に出展することを発表した。


開発に9年 Robosen長年蓄積した技術の集大成ともいえるロボット

Robosenはサービスロボットの技術会社として、2009年から変形ロボットの開発に取り組み、9年間かけてトランスフォーム、二足歩行、サーボモーターなど、さまざまな技術的な課題を乗り越え、2018年に変形ロボット「T9」をリリース。T9は、トランスフォーム(Transform)の英字頭文字「T」と開発年数を表す「9」を組み合わせてネーミングされており、3000以上の部品から構成されている。


公式サイトから引用

ソフトウェアやサーボモーターもRobosenが自社開発しているため、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しているという。世界初大規模量産化された変形ロボットとして、アメリカ・ラスベカスのCES2019などでも人気を集めた。


T9の特徴

・瞬時トランスフォーム可能
音声コマンドやアプリを使用して、ヒューマノイドと車の相互変身(トランスフォーム)が自動的に瞬時に実現。



・簡単にプログラミング可能
初心者向け、中級者向け、上級者向けにプログラミングを提供。分かりやすくプログラミングを学ぶことができるため、子供たちの創造性と想像力を刺激し、STEAM教育の教具として活用できる。


初心者向け: 手動ティーチング式プログラミング(手でロボットの手・足などを動かすだけでロボットが記憶しそれを再現するイメージ)

中級者向け: スクラッチプログラミング(APPなどでビジュアル的にドラッグ&ドロップで組み合わせ、プログラムを作るイメージ)

上級者向け: 3Dプログラミング(パソコンでグラフィカル的にアクションとミュージックを組み合わせたりすることでオリジナルアクションを作成するイメージ)

・多彩多様なアクションを編集可能
変形のほか、二足歩行したり、音楽に合わせてダンスしたり、腕立て伏せしたり、射撃動作をしたりすることが可能。ロボットには既に一部のアクション(特技)が用意されており、そのまま利用したり、自分で好きなものを編集したりすることができる。



・コミュリティで情報共有可能
RobosenHubといったコミュリティで、プログラムのアップロード&ダウンロード、多彩多様なコンテスト&イベントへの参加などにより、世界中のRobosenファンと自分の考え方や作品をシェアすることができる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム