今度はロボットが酒場に進出!養老乃瀧がQBITと連携して池袋「ロボ酒場」開店!お酒を注ぐのはロボットにお任せ

メニューはロボ生ビール、スコッチハイロボール、ロボレモンサワー、白加賀でつくったロボ梅酒ソーダ、ロボと泪とカシスとソーダ、桃色ロボ想い・・

ロボットがお客様の注文を受け、ビールやサワーなどのドリンクを作り、提供するだけでなく、お客様の表情などをくみ取り、話しかけたり手を振るなどAIを駆使した楽しい接客を行う居酒屋が期間限定でJR池袋駅南口にオープンする。
養老乃瀧株式会社と、ロボットカフェを展開するロボティクス・サービス・プロバイダーの株式会社QBIT Roboticsは、外食業界で深刻化する人手不足の解消のため、また、養老乃瀧が目指す、飲食物の提供だけにとどまらない「笑顔の集う場所」としての価値の提供と、QBIT社の接客ロボットサービスがお客様に提供する価値が一致したことにより、今回、人とロボットが協働できる現場オペレーション開発のために、養老乃瀧は2020年1月23日(木)から約2カ月間、JR池袋駅南口にロボットがカウンターで働く『ゼロ軒めロボ酒場』を開店し、居酒屋におけるロボット運用の実証実験を開始すること1月14日に発表した。

▼ 『ゼロ軒めロボ酒場』概要

期間 2020年1月23日(木)~3月19日(木)
場所 JR池袋駅南口 徒歩2分「一軒め酒場」店内(東京都豊島区西池袋 1-10-15 1F)
名称 ゼロ軒めロボ酒場
営業時間 8:00~24:00 (ラストオーダー 23:30)*1月23日のみ17:00~
メニュー ● ロボ生ビール ● スコッチハイロボール ● ロボレモンサワー ● 白加賀でつくったロボ梅酒ソーダ ● ロボと泪とカシスとソーダ ● 桃色ロボ想い
価格 いずれも一杯500円(税込)




実証実験の内容

QBITの接客ロボットサービスは、ロボットが注文を受け、ドリンクを作り提供するため、ホールスタッフの労力低減が期待できる。実際、人手が必要となるのは、主に開店や閉店作業及び食材補充のみとなり、0.1~0.3人/日程度で本店舗を営業できる見込みだ。ロボットは、お客様の性別、年齢、表情などを識別するカメラと連携し、AIを用いてお客様に適切な話しかけやモーションを行うよう設計されおり、接客対応中や接客後のお客様のリアクションも識別し、「笑顔」と「売上」を評価ポイントとし成果(接客の良し悪し)を学習。ロボット自身の接客スキルを日々向上させる。なお、AIは、お客様や状況の特徴点を数値化し学習しており、個人の特定は行わない。
深刻化する労働人口減少に対し外食業やサービス業における生産力を確保するには、ロボットとの協働が必須との考えより、実際にスタッフの稼働がどの程度削減するのか、ロボットがお客様に受け入れられるのか等を同店舗で検証する。





今後の展開

両社は、実証実験前後の比較を行い、実店舗におけるロボット活用の有用性・有効性を検証。ホールスタッフの稼働をどの程度削減できるのか、ロボット運用は可能なのか、省人化に有効なのか。また、収益性から検討し多店舗展開が可能なのかなど、ロボットを用いた酒場ビジネスの本格展開に向け、両社で協議を開始する。
将来的には、各種収集データを活用し、より一層楽しく、お客様が笑顔で過ごせる、夢のロボット居酒屋の具現化に向け、コラボレーションを加速させる予定とのことだ。

養老乃瀧 取締役 土屋 幸生氏

経済産業省による「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」が立ち上げられ、外食産業の現場においてもこれから様々な革新的な取組みがなされようとしております。こうした社会的実証実験を行うことで、課題の改善に繋ぐ糸口になればと考えております。

QBIT Robotics 代表取締役&CEO 中野 浩也氏

ロボットと人が協働する、楽しい社会は必ずや訪れます。今回の取組みを通し、他の外食業やサービス業に対し、ロボット活用が競争優位性や収益の確保に貢献すると実証したいと考えています。ひいては、養老乃瀧様と共に、ロボット酒場の先駆者として外食業界全体の生産構造改革に寄与できればと思います。

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム