慶應義塾大学SFC研究所とソフトバンクが「ローカル5G」(キャリー5G)ネットワークを活用した共同研究を開始

慶應義塾大学SFC研究所とソフトバンク株式会社は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにおいて、第5世代移動通信システム(5G)を活用したユースケースの共同研究を2020年2月から開始した。大学構内のバス停、駐車場における混雑状況の可視化、歩行者向けナビゲーションなどのユースケースを想定している。(冒頭の写真はイメージ)

SFC研究所は「ローカル5G」におけるさまざまなユースケースの実証実験を見据えて、ソフトバンクが開発を進めている可搬型5G設備と、MEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)サーバーを導入し、SFC構内に自営の5Gネットワークをスタンドアローン構成で構築。構築した5Gネットワークは、SFCの既存ネットワークに組み込まれ、SFC研究所が管理用ポータルサイトを利用して、自ら運用を行う検証を進めている。
なお、MECとは端末(エッジ)から近い位置にデータ処理機能を配備することで、通信の最適化や高速化を実現するエッジコンピューティングのひとつ。スタンドアローンとは、4Gネットワークを使用せずに5Gネットワークを構成することをさす。


今回構築した5Gネットワークは、WIDEプロジェクトが運営する学術研究ネットワークに接続しており、さまざまな研究組織や企業、自治体との協力の下、5Gにおけるユースケースの実証実験での活用が予定されている。
例えば大学構内に設置したカメラ映像を、5Gを介して伝送し、構内のバス停や駐車場などの混雑率の可視化や、歩行者向けのナビゲーション、構内の安心・安全に資する情報配信といった「キャンパス運用の高度化・効率化の検証」を行う。
また、学生向けに5GやMECサーバーを開放し、新たなユースケース開発の検証を実施する予定。

ソフトバンクは「今回の共同研究を通して、今後訪れる5Gの需要拡大を見据え、納入先の企業・団体が自律的に運営可能なシステムの商用化を目指して、開発を推進していきます」とコメントしている。


【各者の役割】
SFC研究所
大学構内ネットワークの設計・構築
5Gネットワークの管理・運用の検証
5Gを活用したユースケースの実証実験

ソフトバンク
可搬型5G設備の提供
管理・運用ポータルサイトの開発と提供
無線局開設の各種手続き

【5Gユースケース実証実験の例】
大学構内のバス停、駐車場における混雑状況の可視化
歩行者向けナビゲーション
大学構内における安心・安全情報配信への活用など

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム