業務報告は「音声」で喋って効率化 中外製薬が千人規模のMRに「RECAIUS 報告エージェント」導入

東芝デジタルソリューションズ株式会社は、中外製薬株式会社のMR(医薬情報担当者)の業務報告に、同社のRECAIUS報告エージェントが採用されたことを2月28日に発表した。
中外製薬のMRが、「訪問先、日時、自社医薬品の情報提供に利用した資料名など」をスマートフォンから音声で報告するだけでエージェントAIが音声認識し、顧客との関係性を管理し、最適化することによって業績の向上を目指す手法である、CRMの各項目に自動で内容を分類し登録。これにより、1000人規模のMRの報告にかかる負荷を軽減し、すき間時間などを有効活用した報告の効率化が実現可能となる。

RECAIUS 報告エージェント 活用イメージ


今回のRECAIUS報告エージェント採用の経緯

同報告エージェントは、スマートフォンに音声で報告するだけで、エージェントAIが音声認識してテキスト化し、あらかじめ登録した報告項目(訪問先、日時、内容など)に自動的に振り分けてCRMに登録できるAI対話型のクラウドアプリケーションだ。
2018年9月に厚生労働省が公表した「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」では、販売情報提供活動に係る業務記録(販売情報提供活動において口頭で説明などを行った内容の記録を含む)の作成・保管や、販売情報提供活動のモニタリングなどが求められている。このような背景のもと、MR業務の報告負荷の低減と迅速な業務記録の実現に向けて、モバイルデバイスへの音声入力で手軽に業務記録を実施できる点を中外製薬から評価され、今回の採用に至った。

【動画】RECAIUS報告エージェント 機能紹介動画


中外製薬株式会社 執行役員 営業本部長 佐藤綱則氏

業界各社のMRは、「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」の変更に伴い、より詳細な業務記録を残すことを求められるようになりました。中外製薬では、記録すべき情報を残しつつMRの負荷増をなるべく軽減できるよう、各種システム連携、CRMの項目、PC入力インターフェース、スマホ入力ツール等の見直しを実施しました。今回導入したツールの一つである「RECAIUS 報告エージェント」は、日時、訪問先等の報告項目が音声での発話のみでそれぞれのCRMの項目に登録できるため、MRがアポ待ちのすき間時間を活用し、手軽に業務報告が行えることに魅力を感じました。今後は、より一層の機能強化を期待するとともに、さらなる業務活用を検討していきたいと思います。




東芝コミュニケーションAI 「RECAIUS(リカイアス)」について

人の活動現場の知見を効率よく集めてナレッジとし、状況に適した人の活動の意思決定を支援するサービスで、自然言語処理技術と知識処理技術を融合することで、人とシステムとのコミュニケーションを活性化する。誰もが心地よく業務を遂行できる仕組みと効率の良い働き方の実現を目指すと共に、生活の快適化を図ることができる。



東芝コミュニケーションAI 「RECAIUS」
https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/recaius/

【動画】RECAIUSコンセプト紹介

RECAIUS 報告エージェント 製品紹介サイト
https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/recaius/lineup/agent_report.html

ABOUT THE AUTHOR / 

ロボスタ編集部
ロボスタ編集部

ロボスタ編集部では、ロボット業界の最新ニュースや最新レポートなどをお届けします。是非ご注目ください。

PR

連載・コラム