Doogの協働運搬ロボット「サウザー」新型コロナ軽症者の宿泊療養施設でお弁当の配送やゴミ回収業務で実証実験

株式会社DoogとciRobotics株式会社は共同で、大分県が実施するコロナウィルス軽症者が宿泊する療養施設で、無人配送ロボットの活用検証に協力した。行政からの要請に基づくプロジェクトであることから運搬ロボット「サウザー」を無償貸与とした。

検証した業務の内容は、入居者への弁当の配送業務と入居者からの廃棄物(ごみ)の回収業務。感染者受け入れ施設においてロボットを活用することで、感染者とスタッフの接触機会を減らすことが狙いだ。スタッフへの感染リスクの軽減と、精神的負担の軽減、両方の観点から効果が見込めるという。冒頭の写真はサウザーのベースユニット(左)と本プロジェクトのカスタマイズ(右:ciRobotics提供)
この取組は大分県の運営するコロナウィルス軽症者宿泊療養施設「杜の湯リゾート」にて2020年5月20日から当面の間運用される。

本プロジェクトの役割分担(当社=株式会社Doog)


運搬ロボットを使った様々な取り組み

現在シンガポールで取り組まれている噴霧器を搭載したサウザーが消毒作業は日本でも注目されている。こちらについても国内への展開を見据えたプロジェクトを推進中だ。
その他の荷物運搬用途での貸出等も含め、緊急性・公共性を有する現場への協力について検討しているという。


Doogは各市場セグメントに強みを持った多数の提携事業者と協力して展開、現場導入を推進しており、特に今日の情勢における公共性の高い分野に関してはカスタマイズや保守、機材の貸与などに関しても柔軟な姿勢を示している。

サウザー展開体制



Withコロナ、Afterコロナに向け、今後も様々な現場でDoogを利用したソリューション展開により各現場が省力化、高機能化されることが期待される。


ABOUT THE AUTHOR / 

梅田 正人
梅田 正人

大手電機メーカーで生産技術系エンジニアとして勤務後、メディアアーティストのもとでアシスタントワークを続け、プロダクトデザイナーとして独立。その後、アビダルマ株式会社にてデザイナー、コミュニティマネージャー、コンサルタントとして勤務。 ソフトバンクロボティクスでのPepper事業立ち上げ時からコミュニティマネジメント業務のサポートに携わる。今後は活動の範囲をIoT分野にも広げていくにあたりロボットスタートの業務にも合流する。

PR

連載・コラム