【aibo デベロッパー向け情報】aiboが指定のワードで喜ぶ、イベント取得にポーリングが不要に

ソニーは2020年6月16日にaibo(ERS-1000)システムソフトウェア バージョン2.7のアップデートを開始。以前にロボスタでも伝えたが、追加情報としてデベロッパー向けの情報を紹介する。


「認識ワードの設定」と「aibo Events API」の提供が開始

aiboのソフトウェアAPIの利用者向けのライセンスプログラム「aiboデベロッパープログラム」で「認識ワードの設定」と「aibo Events API」の提供が開始。


指定した言葉をトリガーにaiboに任意の動きをさせる「認識ワードの設定」

「認識ワードの設定」は既存のaibo Web APIを組み合わせることで、指定した言葉をきっかけにしてaiboに任意の動きをさせることが可能になる。これにより、例えば、商業施設にいるaiboにお店の名前を話しかけると喜ぶという動きをさせ、顧客対応などが出来るようになる。


ポーリングが不要な「aibo Events API」

aibo Events APIはaibo のイベントが発生したときに通知を送ることができるAPI。例えば、aiboが特定の言葉を聞いたときに、あらかじめ設定していたエンドポイントに対して、WebhookによりHTTPリクエストで通知することができる。

これまではaiboのイベントを取得するためには、ポーリングによるaiboの認識情報の取得が必要だったが、Webhookの対応によりポーリングが不要となる。

ABOUT THE AUTHOR / 

山田 航也
山田 航也

横浜出身の1998年生まれ。現在はロボットスタートでアルバイトをしながらプログラムを学んでいる。好きなロボットは、AnkiやCOZMO、Sotaなどのコミュニケーションロボット。

PR

連載・コラム